無料ホームページ ブログ(blog)
十兵衛の呟きじゃあ! なにっ?実写化?それはやめといた方がいいぞ...
十兵衛の呟きじゃあ!
出版社の翻訳である私、柳生十兵衛日々の呟きです。メインはマンガ、アニメ(主にネギま)、声優さん、ミリタリーと仕事の呟きです。なるべく毎日で更新します(汗)


プロフィール

柳生十兵衛

Author:柳生十兵衛
台湾の出版社で翻訳をやっている柳生十兵衛です。よろしく!

翻訳担当作品:魔法先生ネギま!、ネギま!?neo、ラブひな、陸上防衛隊まおちゃん、スクールランブル、トッキュー!、サクラ大戦漫画版、ナルト、アイシールド21、ワンピース、ホイッスル!、かりあげくん、げんしけん、鋼の錬金術師、アキハバラ@DEEP、駅弁ひとり旅、となグラ!、銃夢Last Order、もう、しませんから!、はじめの一歩、デトロイト・メタル・シティ、エクセルサーガ、あずまんが大王、らき☆すた、桃組戦記、日露戦争物語、迷彩君、戦空の魂、戦海の剣、さよなら絶望先生、キャプテン翼GLODEN23、アタック!!、ちゅーぶら!!、ハンマーセッション、君のいる町、CMB森羅博物館の事件目録、新約「巨人の星」花形、ダイヤのA、天のプラタナス、ドリームズ、Y十M柳生忍法帖、新鉄拳チンミ、鉄拳チンミLegents...他多数。

また、野球も大好きで、草野球チームにも加入しています。特に日本の野球が大好き。高校野球、社会人野球、プロ野球どれも好きです。因みに応援しているプロ野球球団は広島東洋カープと北海道日本ハムファイターズです。

(注意!)コメントを記入する際、必ず投稿者の名前を記入してください。名無し状態で投稿した場合、如何なる内容のコメントでも、削除させていただきます。

なかのひと



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なにっ?実写化?それはやめといた方がいいぞ...
舞台終了とドラマ決定☆ (安衣の☆キラキラ)(ブログは現在消滅しました)
Web魚拓によるキャッシュ猫とネギま!と声優さんより)
まずは一つお断りさせていただきます。私はアイドルの事は詳しくないです。歌手も演歌歌手しか知らないオヤジで、重度の声ヲタです。なのでこの記事の観点は声優さんの方に傾くかもしれませんが、皆さんの意見と相違があり、そして不快を招くころになったら申し訳ありません。そんな思いをしたくない方は以下の文章を読まないことをお勧めします。
さて、皆さんも知ってのとおり、この情報は本日の午後、「魔法先生ネギま!」実写版の役を獲得した谷本安衣さん(誰?)のブログからのフライング情報です。そして僅か半日でネギまファンの間を大きく衝撃をもたらした。私も午後仕事の休憩時間でこの情報を知りました。会社に居なかったら、思わず「何だと!マジかよ!」って絶叫したでしょう...それほどネギまを実写化するのを拒んでいるって事です。

これまで、漫画を実写化したドラマは幾つも存在していましたが、その中で、私が成功したと思うのは「デスノート」、「のだめカンタビーレ」、「NANA」、「逮捕しちゃうぞ」だけだと思います(註:私は「逮捕しちゃうぞ」しか見てません、残ったものは聞いた評判より判断したもの」)。しかし「ネギま」を実写化したら、十中八九失敗すると思います。と言うか、実写化する自体は無理だと思っています。

一つ目の理由としては、赤松先生が生み出した31人+αの萌えキャラです。ああ言うキャラたちは現実世界で存在筈がないだからこそ萌えるです。実写化するあたり、まず髪の色の問題を克服しなければなりません。アニメでは、それぞれのキャラがそれぞれの髪の色があります。実写版ではそれを再現されず、全キャラが同じ黒髪や茶髪になり、髪形だけ原作キャラに沿ってやるのは、キャラの特徴がなくします、ましてやキャラのイメージを壊す危険があります。それに、3-Aのキャラは現実には存在することは不可能のキャラが何人か居ます。幽霊であるさよ、ロボットである茶々丸...これをどうやって実写版で表現するのも大きな難題です。特に茶々丸は大きな問題になると思います。現在市販のロボットでは茶々丸とは程遠いもの...と言うか、まったく違うものなので、それをそのまま使って演出するのは無理です...

二つ目の理由は赤松漫画特有の萌え感覚です。赤松漫画特有の萌え感覚は、セクシーシーン(胸チラ、パンチラ、半脱ぎ、服破り、全裸)と、キャラクター自体の色々な行動によるものだと思います。特にセクシーシーンはテレビの放送規制にスレスレのものが多く、それを実写版でやるでしたら、深夜で放送するしかない...土曜日9時とかの時間で放送するのは絶対無理です。じゃ逆にゴールデンタイムで放送できるように、それらのシーンを全部カットするのはどうか?もしそれをカットしたら、赤松漫画の特徴が消えてしまい...ネギまはネギまではなくなる...まぁ、もちろん「ネギま!?」みたいにセクシーシーンがなくとも、ちゃんとネギまの味を出せるのもを作れるだったら話は別ですが...

三つ目の理由はネギま独特な設定内容です。まず皆さんは私は話した「成功したと思う実写版」の共通点を考えてください。そうです、それらの設定は殆ど現実からかけ離れていません(デスノートは死神の設定など一部ファンタジーな設定はありますが)。たとえちょっと現実とは合わない設定(例えば「逮捕しちゃうぞ」の改造パトカー、白バイなど)があるとしても、実写版でも補うことが出来ますが、「ネギま」は「ハリーポッター」みたいに、ファンタジーな設定が中心になっています。その中で、一番厄介なのは仮契約システム、魔法(魔法戦闘を含む)と体術戦闘だと思います。アニメだと、これらは全部作画になりますので、どんなに複雑で華麗な画面でも作れます(まぁ、時間と予算をかかれば作れます)が、実写版でこれらをちゃんと原作通り(あるいはアニメ通り)に作るのは難しいと思います。もちろん全てCG任せ(こうなると、本当にネギが言ったように「CGです」になりますね(笑))と言う手もありますが、しょぼいCGを作ったらかえって雰囲気を壊すだけです。作るとしたら、「ハリーポッター」レベルの物を作って欲しいです、だってこれらのファンタジーな設定も「ネギま」の醍醐味の一つです。ただ、そうなると制作費が跳ね上がる...それにもしも製作側が経費節約の理由で、これらのファンタジー設定を無かった物にしたら、これも「ネギま」は「ネギま」ではなくなり、このドラマも唯の学園コメディドラマに成り下がります。もしそんな物を作ったら、それを「魔法先生ネギま」の名称を使わないで欲しい。それは「ネギま」に対しての侮辱であり、ファンも認めないと思います。

現在、各所では、「3月3日のイベントで声優さんを卒業させたのは実写化をするためではないのか?」などの憶測を飛んでいますが、現在これに関する公式発表がないので、私はあえてこのことについてコメントしません。ただ、もしこのことが本当であれば、私は製作側を許すことが出来ません。もしそうでしたら、どうしても「実写化するに当たっては、声優さんが邪魔になるかもしれないので卒業させた」と言う感じがします。そうなると、3年間ネギまの為に頑張ってきた声優さん達は、余りにも可哀想です。それに...こう言っちゃこれから実写版に出演する役者さんたちには失礼かもしれませんが、ハッキリ言って、多数の新人アイドルや役者を起用して、3-Aの生徒や麻帆良学園の人々達を演じさせるより、そのまま声優さん全員をそのまま実写版に出演させた方が良いです。声優さん達は3年間自分の担当したキャラと付き合い、誰よりもそれらのキャラを理解しているので、「このキャラはこんな事しない」「このキャラはこのシーンでこうするはず」などキャラの内面のことも分かる。しかもファンの間では、どの声優さんもイメージにピッタリなので、そのまま声優さん達を顔出し出演させた方が、作品やキャラのイメージを保ちやすい。これは「サクラ大戦」の歌謡ショウで、既に実証済みなので、声優さん達にそのまま演じさせても全然OKだと思います。キャラの事を分からない人たちに演じさせたら、作品やキャラのイメージを思いっきりぶち壊すと言う恐ろしい事も起き得るですから...それはファンとして一番見たくない事です。

赤松先生はこの実写化企画とどれほど関わってるのは分かりませんので、私は先生の批判をしません。ただただ4月の大発表はこれではない、あるいはこれの他にまだ何かあることを望むばかりです。まぁ...この企画は既に進行中っぽいなので、実現するのは大いにあり得るけどなぁ...と言うか、そんな実写版を作る予算とかあれば、むしろアニメ第3期か劇場版を作れって話ですよね...2年間やった麻帆良祭編をアニメ化あるいは劇場版化した方が絶対にいいですから...それを見たいと思ってるファンは絶対私だけではないはずですから!

それと一つ...谷本安衣さんのブログに突撃して大炎上させた人たちに物申したい。確かに今回は守秘義務を守らず、発表前の情報を公の場であるブログでフライングした谷本さんには非がありますが、怒り任せて谷本さんのブログを消滅させるまで責めるのは如何なのもかと...何か皆さんの事は気に入らない事があったから、相手を集中に責めるガキ大将といじめっ子みたいですよ...大人気ない...もうちょっと大人の対応を出来ないですか?ちゃんと話すとかさ...皆さんも自分のブログやホームページがこうやって荒らされるのも嫌でしょ?もうちょっと思いやりの心をもって欲しいですね。

※注意!今回の記事は争いを引き起こす要素を含んでいますので、当記事のコメントに付いては、厳しい目で監察させていただきます。当ブログのコメントについての規則を守らないコメント(公告に参照してください)、争いを引き起こす可能性があるコメント、荒しを目的するコメントは全て削除させていただきます。ご注意ください。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2007/03/14 13:43】 | # [ 編集]


ネギまに思入れがある人は反対のようですね。どうみても失敗するのが誰でもわかりますが、これまで作品に貢献して築き上げた声優さんに対する敬意がかけていて残念です。

【2007/03/14 21:59】 URL | クワトロバジーナ #tuEXU5AU [ 編集]


う~ん×100000000000000000000・・・・・・

難しいな~。これだけは・・・。

【2007/03/14 23:51】 URL | 空 #- [ 編集]


>クワトロバジーナさん
各所を見てみたら、確かにネギまに思い入れがある方は殆ど反対のようです(私もその一人です)。ネギまの実写自体は無理がありすぎて、極めて高い確率で失敗する可能性はあります。この件は声優さんの卒業とは関係あるかどうかは分かりませんが、3年間頑張った声優さんは可哀想と思います...

>空さん
難しいと言うよりは...無理です。

【2007/03/15 00:17】 URL | 柳生十兵衛 #HfMzn2gY [ 編集]


えーと、無理な話しは置いておいて(笑(笑いですめばな~w))
先生の最新日記にこんなコメントが!

『う~ん・・・しかし、これであと2回でアニメも完全終了ですか。
webラジオもそれにつれて終了しちゃうし、何だか急に寂しくなってきま
した。(泣)

やっぱり、OVA冬とか、原作ネタメインでやってみるか・・・?』

先生は、ネギま声優を絶対に見捨てないのですToT。
原作ネタメインのOVA冬なら絶対に買います!!

【2007/03/17 21:15】 URL | 空 #- [ 編集]


>空さん
この日記、先ほど見てみました。うん...望みはあるようですね!
そろそろ原作ネタメインのものも見たいし。出たら絶対買いですよ!

【2007/03/17 23:13】 URL | 柳生十兵衛 #HfMzn2gY [ 編集]


私もブログで書きましたが、作品の世界観をどうやって実写で表現するのか、というか表現できるの?タイトルだけ同じの全く別物が出てきそうですね。

かの人のブログ炎上の件ですが、情報漏えいに対して叩かれるのは自業自得だと思っています。ただ、ほとんどのコメントが実写反対とかそれに伴う中傷であったり全く関係のなものだったりしたのは残念です。それは彼女の責任ではありませんので。

【2007/03/19 10:59】 URL | hibari #- [ 編集]


>hibariさん
私が気になるのも、「ネギま」の世界設定などを、どこまで表現できることですね。ですから、私も同じく、ただ単に「ネギま」の名前を冠した別のものになり、そして大失敗すると予想しています。この実写化自体は無理がありすぎるので、、、

ブログ炎上の件ですが、公表前の情報を漏洩したのは確かに彼女の責任であり、叩かれるのも仕方がないですが、それに伴った中傷も含めてたものがあるのが本当に残念です。こう言う事でいろんな人から中傷された彼女はちょっと可哀想だと思います。

【2007/03/19 13:00】 URL | 柳生十兵衛 #HfMzn2gY [ 編集]


実写化に文句あるんだったら、彼女にいってもしかたないとおもいますよ。まぁ、公開発表の前にかってにブログで公表するのは確かにルール違反だけど、そんだけだし。炎上させるのは大人げないと思いますよ。彼女も反省してると思うし、オーデションうかって舞い上がってだけでしょ・・。たぶん。
ちなみに、ネギまの実写化にはもちろん反対ですよ!!!

【2007/06/17 22:22】 URL | 通りすがりの楓さん #- [ 編集]


>通りすがりの楓さん
そうですね。出演者はある意味末端な人ですから、文句を言っても仕方が無いと思います。しかし多くの方はそれで効果が出ると誤解しているようです。ただ、フライングの件については、ちゃんと情報守秘義務を守れなかった谷本さんに非がありますね。

毎回何か起こると、関係者のブログやサイトが突撃されて炎上するを見てると、悲しくなりますね。本当に不満があれば、ちゃんとした形で伝えるべきで、こういったネットの匿名性を悪用し、単なる迷惑行為に成り下がるやり方を取るべきではないですね。こう言うことをする人は、まず自分も同じ立場に立ってて、同じようなことをされたらどんな感じになるのか?を考えて欲しいですね。

【2007/06/18 00:57】 URL | 柳生十兵衛 #HfMzn2gY [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

ネギま!が実写化?…をいをい、ありえねぇ

今日他のブログ様の更新記事を見ていたら、どう捻って考えても「ネタだろ?」としか思えないようなネギま!新企画が進行しているとのことです。それが(続き参照)
Lyrical Individualist No Regret【2007/03/14 12:18】


他サイト様更新記事

魔法日記 ボヒゃま!?さん萌え占い まき絵&アキラこれは、面白いですねwwデンパンダさん何このクリーチャー('A`)モツとまき絵の絵がUPされています。これはwwwあかしいなつみさん胸だけでネギま!
ネギズ【2007/03/14 17:14】






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。