無料ホームページ ブログ(blog)
十兵衛の呟きじゃあ! 2007年のプロ野球成績を振り返るその2-北海道日本ハム篇
十兵衛の呟きじゃあ!
出版社の翻訳である私、柳生十兵衛日々の呟きです。メインはマンガ、アニメ(主にネギま)、声優さん、ミリタリーと仕事の呟きです。なるべく毎日で更新します(汗)


プロフィール

柳生十兵衛

Author:柳生十兵衛
台湾の出版社で翻訳をやっている柳生十兵衛です。よろしく!

翻訳担当作品:魔法先生ネギま!、ネギま!?neo、ラブひな、陸上防衛隊まおちゃん、スクールランブル、トッキュー!、サクラ大戦漫画版、ナルト、アイシールド21、ワンピース、ホイッスル!、かりあげくん、げんしけん、鋼の錬金術師、アキハバラ@DEEP、駅弁ひとり旅、となグラ!、銃夢Last Order、もう、しませんから!、はじめの一歩、デトロイト・メタル・シティ、エクセルサーガ、あずまんが大王、らき☆すた、桃組戦記、日露戦争物語、迷彩君、戦空の魂、戦海の剣、さよなら絶望先生、キャプテン翼GLODEN23、アタック!!、ちゅーぶら!!、ハンマーセッション、君のいる町、CMB森羅博物館の事件目録、新約「巨人の星」花形、ダイヤのA、天のプラタナス、ドリームズ、Y十M柳生忍法帖、新鉄拳チンミ、鉄拳チンミLegents...他多数。

また、野球も大好きで、草野球チームにも加入しています。特に日本の野球が大好き。高校野球、社会人野球、プロ野球どれも好きです。因みに応援しているプロ野球球団は広島東洋カープと北海道日本ハムファイターズです。

(注意!)コメントを記入する際、必ず投稿者の名前を記入してください。名無し状態で投稿した場合、如何なる内容のコメントでも、削除させていただきます。

なかのひと



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年のプロ野球成績を振り返るその2-北海道日本ハム篇
続きましては私が応援しているパリーグのチーム、北海道日本ハムファイターズです。
Yahoo!プロ野球の順位によると、ファイターズの最終成績は144試合79勝60敗5引き分け、勝率.568で、総合得点526、総合失点489、総合本塁打数73本、チーム打率.259、チーム防御率3.22、最終順位は1位で、つまりリーグ優勝で2連覇です!

今年のファイターズは去年チーム主力の新庄が引退、小笠原はFAで巨人へ、そして中継ぎ投手の大黒柱である岡島も大リーグへ移籍したので、最初は今年の成績はあんまり良くないと予想されていましたが、最終は各方面の予想を裏切って、今年もリーグ優勝を決めました!

開幕から交流戦まで、確かに成績は芳しくなかったですが、交流戦開始前の5月19日ソフトバンク戦を勝利に収め、それから交流戦に突入し、6月8日まで球団記録を更新した14連勝を達成し、一気に波に乗り、順位も鰻登りのように上昇。交流戦では12球団1位の成績を残し(24試合18勝5敗1引き分け、12球団中唯一勝率が7割を超えました)、今年ファイターズのは交流戦から上昇気流に乗ったといっても過言ではないと思います。交流戦終了後は1時期勢いが途絶えた様に見えますが、それでも踏みとどまり、終盤のソフトバンクとの首位争いも何とか優位に立ち、最後は2度目のリーグ優勝を決めました。

投手陣は去年の安定感を維持していました。特に先発陣の防御率の低さが驚きました。エースのダルビッシュは1.82、グリンは2.21、武田勝は2.54と安定しています。スウィーニーと吉川の防御率が3割台ですが、それでも一定な安定感を持っています。去年新人王の八木は怪我で長期離脱していましたが、シーズン終盤で復帰しましたので、先発陣の安定さはさらに増すでしょう。

今年の中継ぎ陣は岡島を欠けましたが、それでも安定しています。去年の最優秀中継ぎ投手に選ばれた武田久は今年も安定さを維持(防御率2.42!)、他の中継ぎ投手も大抵防御率を3割台に維持しています。クローザーのマイケルは去年ほど活躍していませんが、それでも信頼できる成績を残しています。

そして打線、これは今年のファイターズと去年のファイターズ一番違う特徴ではないでしょうか。去年ほどの長打力を期待できない今年のファイターズは、明らかに「繋ぐ野球」を意識しています。チーム本塁打数がリーグワースト(しかも12球団中、唯一2桁に留まっている)、打率も総合得点もリーグワーストなのに、それでも優勝が出来ました。これは今年のファイターズの野球は「一発で点を獲るではなく、全員で繋いで点を獲る」であると証明しています。これも打者の出塁率の高さから伺えます。規定打席に達した打者の中で、森本(.355)、田中賢介(.321)、セギノール(.350)、高橋(.306)、稲葉(.387)が出塁率共に3割を超えています。小谷野(.289)、金子誠(.296)などのレギュラー陣の出塁率も3割近くあるので、打線は「とにかく繋ぐ」事を意識している事が伺います。

こんな長打力が去年より大幅良くなったチームを別の方法で再度優勝させた一番の功労者はなんといってもヒルマン監督でしょう。残念ながら今年限りで球団から離れます...本当に残念です。でも、ファイターズは来年進監督の下で、またどう言うチームに変化するのかは楽しみです!もちろん、監督が変わっても、ファイターズの実力ではパリーグ3連覇も不可能じゃないと信じています!

そして、クライマックスシリーズ第2ステージは明日から始まります!今年の相手はロッテですね。今年のシーズン中、ロッテとの対戦成績は5分5分(24試合11勝11敗2引き分け)でしたので、現時点ではまだどっちが勝ち上がるのかは断言できませんが、今年のファイターズは「繋ぐ野球」で勝ち進んで行く事を信じています!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。