無料ホームページ ブログ(blog)
十兵衛の呟きじゃあ! ドラマ版ネギま!第5話感想
十兵衛の呟きじゃあ!
出版社の翻訳である私、柳生十兵衛日々の呟きです。メインはマンガ、アニメ(主にネギま)、声優さん、ミリタリーと仕事の呟きです。なるべく毎日で更新します(汗)


プロフィール

柳生十兵衛

Author:柳生十兵衛
台湾の出版社で翻訳をやっている柳生十兵衛です。よろしく!

翻訳担当作品:魔法先生ネギま!、ネギま!?neo、ラブひな、陸上防衛隊まおちゃん、スクールランブル、トッキュー!、サクラ大戦漫画版、ナルト、アイシールド21、ワンピース、ホイッスル!、かりあげくん、げんしけん、鋼の錬金術師、アキハバラ@DEEP、駅弁ひとり旅、となグラ!、銃夢Last Order、もう、しませんから!、はじめの一歩、デトロイト・メタル・シティ、エクセルサーガ、あずまんが大王、らき☆すた、桃組戦記、日露戦争物語、迷彩君、戦空の魂、戦海の剣、さよなら絶望先生、キャプテン翼GLODEN23、アタック!!、ちゅーぶら!!、ハンマーセッション、君のいる町、CMB森羅博物館の事件目録、新約「巨人の星」花形、ダイヤのA、天のプラタナス、ドリームズ、Y十M柳生忍法帖、新鉄拳チンミ、鉄拳チンミLegents...他多数。

また、野球も大好きで、草野球チームにも加入しています。特に日本の野球が大好き。高校野球、社会人野球、プロ野球どれも好きです。因みに応援しているプロ野球球団は広島東洋カープと北海道日本ハムファイターズです。

(注意!)コメントを記入する際、必ず投稿者の名前を記入してください。名無し状態で投稿した場合、如何なる内容のコメントでも、削除させていただきます。

なかのひと



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドラマ版ネギま!第5話感想
私はパパラッチじゃない!(挨拶)
第5話を見ましたので、感想を書きたいと思います。
今回のお話は和美のオリジナルなお話です。原作がないお話が自分で作る、これは良い考えだと思います(と言うか、そうしないと、話が進まないキャラもありますし)。

自分が獲ったスクープを超えるために、スクープに執着し、結局捏造報道に走った和美...これはいい発想だと思います。世の中では何かを越えたいあまりに、結局歪んだ道を辿った人は一杯いますので、この設定は現実的だと思います。また、和美を演じた近藤未穂子さんも、良い演技を見せています、あと、気のせいかもしれませんが、顔もちょっと和美に似ている感じがします。特にちょっとタレ目な所は。

ただ、残念なのは...ドラマ版の和美は性格はちょっと悪すぎた事ですね。確かに、原作ではまだ和美がスクープを獲れないときの反応とかは出ていませんが(声のクラスメートシリーズCDでは出てましたけど)、流石に和美はこうやってモノに当てたりはしないと思います。ましてやネギ先生の怒鳴ったりはしないと思います、精々悩んだり、愚痴ったりぐらいじゃないかな?ドラマ版の性格は何かちょっとヤンキーっぽいぞ(笑)。うーん、この設定は「生徒さんが高校生」である隠し設定と関係があるかな?だから和美は感情不安定な思春期少女になってる(笑)。これについてはちょっと納得いけませんね...

そしてしずな先生...先生なのに、昼間学校でお酒を飲んじゃだめでしょ?しかも寄ってるし。これは厳しく処分される事じゃない?

ヒロシのタカミチは、いつ見ても良い感じがします。特にヒロシはアニメのタカミチの声を意識して演じたいるせいか、何か声は井上倫宏さんと殆ど変わらない。世界チンミメンを作っていない点を除けば、佇まいとかも原作やアニメのタカミチにそっくりですから、原作の中から飛び出してたタカミチここにあり!って感じがしますね。良いですよ!これ!

市川さんの刹那もいいですけど、なんかちょっとアホっぽさが足りない気がします。木乃香は刹那の部屋に住んでもいいといったとき、もうちょっとオロオロした仕草を出したらいいかもしれませんね。

さんぽ部も今回で一杯出番がありました。双子ちゃんは年齢相応のせいか、仕草とか、言葉遣いとはは全然違和感がありませんでした。楓役を演じた新井さんは身長では相応していて、喋る時も出来る限り声を抑え、口調もゆっくりしていて、楓本来のイメージとはあんまり相違は無かったので、さんぽ部の3人も良かったじゃないでしょうか?

ただ、こうやって5話を見て、またちょっと残念な点が発見。それはクラスメート間の呼び方です。例えば4話では、いいんちょは明日菜のことを「アスナ」と呼んだ事があります、そして今回の5話では、明日菜は和美のことを「朝倉」でなく「和美」と呼んでいます。こうやって原作を21巻分を読んできたので、原作と違う呼び方が出てくると、どうも違和感があります。まだお互いを呼び合ったことがない生徒さんだったら仕方が無いですが、既に原作で呼んだことある呼び方があったら、それを合わせて欲しいですね。こればかりは本当に残念です。
今回の5話を見て、何か最近「スクープを獲る為に、手段を選ばなくてもいい」と言う風を吹いてる報道界に警鐘を鳴らしている感じがしますね。台湾では近年香港からのスクープ雑誌や新聞が入ってきたせいで、こう言うパパラッチが大量的に増え、どれが真実なのか?が分からない記事も多くなり、本当にウンザリしています。パパラッチたちにネギの「人を好きになること、そしてそれを相手に知らせることと言う言葉を聞かせて欲しいですね~

それと...今回の若月さらさん、可愛かったね~ヤバイ、ハマりそう!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

他サイト様更新記事

鈴きん的。さん 「図書館島の休日 4日目」サークルリスト/レッド 図書館島の休日4日目のサークルリストがUPされています! ~図書館島の休日 4日目~ 「カタログ事前販売ページを更新しました。」 今回の開催
ネギズ【2007/11/03 21:56】


ネギま!関連サイト巡回(11/04)

■「十兵衛の呟きじゃあ!」さん「ドラマ版ネギま!第5話感想」 >和美を演じた近藤未穂子さんも、良い演技を見せています  >・・(略)・・ >ただ、残念なのは...ドラマ版の和美は性格はちょっと悪すぎた >事ですね。
ネギま!部屋(楊さんのページ別館)【2007/11/04 08:49】






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。