無料ホームページ ブログ(blog)
十兵衛の呟きじゃあ! ドラマ版ネギま!第7話感想
十兵衛の呟きじゃあ!
出版社の翻訳である私、柳生十兵衛日々の呟きです。メインはマンガ、アニメ(主にネギま)、声優さん、ミリタリーと仕事の呟きです。なるべく毎日で更新します(汗)


プロフィール

柳生十兵衛

Author:柳生十兵衛
台湾の出版社で翻訳をやっている柳生十兵衛です。よろしく!

翻訳担当作品:魔法先生ネギま!、ネギま!?neo、ラブひな、陸上防衛隊まおちゃん、スクールランブル、トッキュー!、サクラ大戦漫画版、ナルト、アイシールド21、ワンピース、ホイッスル!、かりあげくん、げんしけん、鋼の錬金術師、アキハバラ@DEEP、駅弁ひとり旅、となグラ!、銃夢Last Order、もう、しませんから!、はじめの一歩、デトロイト・メタル・シティ、エクセルサーガ、あずまんが大王、らき☆すた、桃組戦記、日露戦争物語、迷彩君、戦空の魂、戦海の剣、さよなら絶望先生、キャプテン翼GLODEN23、アタック!!、ちゅーぶら!!、ハンマーセッション、君のいる町、CMB森羅博物館の事件目録、新約「巨人の星」花形、ダイヤのA、天のプラタナス、ドリームズ、Y十M柳生忍法帖、新鉄拳チンミ、鉄拳チンミLegents...他多数。

また、野球も大好きで、草野球チームにも加入しています。特に日本の野球が大好き。高校野球、社会人野球、プロ野球どれも好きです。因みに応援しているプロ野球球団は広島東洋カープと北海道日本ハムファイターズです。

(注意!)コメントを記入する際、必ず投稿者の名前を記入してください。名無し状態で投稿した場合、如何なる内容のコメントでも、削除させていただきます。

なかのひと



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドラマ版ネギま!第7話感想
さんぽ♪~さんぽ♪~(挨拶)
仕事やっと片付けたので、ようやく昼間休憩時間で見たドラマ版第7話の感想を書けます...では、どうぞ!
今回のお話は楓、風香、史伽によるさんぽ部のお話です。なんと、凄いなのは、今回のお話はこの3人しか登場していません!3-Aの他の生徒さんだけでなく、ネギすら登場してない!これまで、原作、アニメ版やドラマ版では、何処かに絶対大勢なキャラが出てきて、わいわいやっていますので、こうやって全篇を通して、3人しか登場してないお話はこれが初めてですよね?凄く新鮮でのんびりな感じがして、良いですね。やっぱりさんぽ部はのんびりが大事ですね。

今回のお話はどうやら番外編的な位置付けで、お話の舞台もある日放課後のさんぽ部の部活ですね。

3人がさんぽの途中で壊れた物を探し出し、自分の直しました。そして直しているシーンを「手術」に例えるのは良い発想と思います。直す=お医者さんゴッコと言う図式は、まだ幼い双子の心何処かにはあると思いますので、こう言う発想は2人に当てはまるのは素晴らしいし、お似合いですね。仮にこの発想を明日菜やいいんちょに当てはまったらダメですね。

さんぽするシーンの多くは飛び出す絵本で示している部分は、確かに手抜きと言う感じは否めないですが、私はかえって今回のお話でこう言う考えを使ったのは良いと思います。今回のお話は恐らく「のんびり」や「静か」がテーマの一つでもあるので、激しく動くさんぽのシーンを、こう言った静かなやり方で表現するのは、全体的なバランス感覚を壊してないのが良いと思います。逆に本当に歩いてるシーンを大量的に放送したら、私としてはちょっと鬱陶しいと感じるかも知れませんし、全篇のバランスも壊される可能性はありますね。もちろん激しいバトルシーンでこんなやり方を使ったら、「明らかに手抜きだ!」とスタッフ側を罵倒しますが(笑)

さて、演技ですが、この3人の演技は共にハイレベルとも言えるでしょうね。特に双子の方は幼い故に表す色んな素振りが、この双子の動きや考えにマッチしていると思いますので、もうイメージピッタリとも言えます。楓役の新井さん(最近この名字を書くのが辛い...)の演技も良く、ちゃんと「双子の世話をしているお姉さん」な雰囲気を作り出していますね。ただちょっと残念なのは、外見はやっぱりちょっと幼いですね。パッと見た感じは身長は楓には似ていますが、外見はどうしても穏やかさがちょっと足りない感じがします。楓姉の婿さんの謙太郎さん、どうですか(笑)?あと、私なりにダメだししたいのは...楓が自分で「忍び」である事を認めた所ですね、楓は自分から「忍びです」と言った事は無いので、それだけは注意して欲しかったですね~

全体的な感じから見れば今回のお話は癒し効果十分で(特に今回見たとき、仕事で疲れているから、この感じは特に強い)、これまでのネギまでは感じ取った事が無い感じが詰まっていたので、凄く良かったと思います。変な設定もないし、第4話のこのせつのお話を超えて、私の中では、今まで一番良いお話だったとおもいます。もう、90点あげちゃいますよ!おじさんは!減点した10点は楓が自分で忍びであったことを認めたところですね。

あ、あと、余談ですが、あの「かごめ♪~かごめ♪~」を聞いたとき、某能登氏が歌ったあの恐怖な童謡を思い出したのは私だけかな(笑)?それと、今回のお話で、若月さらさんが登場してないのはちょっと残念!(←そこ?)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

ネギま!関連サイト巡回(11/19)

■「十兵衛の呟きじゃあ!」さん「ドラマ版ネギま!第7話感想」 >さて、演技ですが、この3人の演技は共にハイレベルとも >言えるでしょうね。 >私の中では、今まで一番良いお話だったとおもいます。 十兵衛さんの評
ネギま!部屋(楊さんのページ別館)【2007/11/19 05:56】






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。