無料ホームページ ブログ(blog)
十兵衛の呟きじゃあ! 2008年第2次世界大戦リエナクメントイベント用兵器製作記
十兵衛の呟きじゃあ!
出版社の翻訳である私、柳生十兵衛日々の呟きです。メインはマンガ、アニメ(主にネギま)、声優さん、ミリタリーと仕事の呟きです。なるべく毎日で更新します(汗)


プロフィール

柳生十兵衛

Author:柳生十兵衛
台湾の出版社で翻訳をやっている柳生十兵衛です。よろしく!

翻訳担当作品:魔法先生ネギま!、ネギま!?neo、ラブひな、陸上防衛隊まおちゃん、スクールランブル、トッキュー!、サクラ大戦漫画版、ナルト、アイシールド21、ワンピース、ホイッスル!、かりあげくん、げんしけん、鋼の錬金術師、アキハバラ@DEEP、駅弁ひとり旅、となグラ!、銃夢Last Order、もう、しませんから!、はじめの一歩、デトロイト・メタル・シティ、エクセルサーガ、あずまんが大王、らき☆すた、桃組戦記、日露戦争物語、迷彩君、戦空の魂、戦海の剣、さよなら絶望先生、キャプテン翼GLODEN23、アタック!!、ちゅーぶら!!、ハンマーセッション、君のいる町、CMB森羅博物館の事件目録、新約「巨人の星」花形、ダイヤのA、天のプラタナス、ドリームズ、Y十M柳生忍法帖、新鉄拳チンミ、鉄拳チンミLegents...他多数。

また、野球も大好きで、草野球チームにも加入しています。特に日本の野球が大好き。高校野球、社会人野球、プロ野球どれも好きです。因みに応援しているプロ野球球団は広島東洋カープと北海道日本ハムファイターズです。

(注意!)コメントを記入する際、必ず投稿者の名前を記入してください。名無し状態で投稿した場合、如何なる内容のコメントでも、削除させていただきます。

なかのひと



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年第2次世界大戦リエナクメントイベント用兵器製作記
台湾での第2次世界大戦リエナクメントイベントは今年で5回目となりました。これまで2回目で、国民党軍のグループが自作の迫撃砲(ちゃんと砲弾を発射できるように作っています)、3回目と4回目では米軍グループは自作のM1917.30軽機関銃を登場させました。ドイツ軍グループのこの前の写真撮影会で、自作の37ミリ対戦車砲と6連装ロケット砲を登場させたので、今年のイベントでも登場させる可能性は高い。私がやっている日本軍はこれまで96式軽機関銃と89式重擲弾筒も登場させましたが、今年は新しい兵器が無いので、イベントの1ヶ月前から、製作することを決めました。色々と本を読んで、作るものを選んでいましたが、最後はコストは安く、簡単に作れる(皆さんも知ってのとおり、年末年始は死ぬほど忙しかったので)、一人で持つ荷物にも入れるなどの理由で、対戦車刺突地雷と7粍打上阻塞弾(いわゆる対空迫撃砲)を製作することになりました。
原材料

ライブ主催に忙しい12月半ばで、うちの近くの大型建材販売店に行って、使う材料を探してみました。当日買ったのは収納棚用の足4本、塩ビ管(2メートル)1本、木の板1枚、漏斗1個、五寸釘パック1個。そしてうちの近くのスーパーでアスパラジュース4本を買いました。因みに原材料にかかったお金は400元(1200円)以内でした。
突刺地雷弾頭部1

まずは刺突地雷の弾頭部の作成を開始。うちにあったアクリール板を切り取り、五寸釘3本を三角のように突き刺し、最前部の刺突足にしてみました。
刺突地雷弾頭部2

そしてアクリール版を漏斗の最前端に瞬間接着剤で接着し、アクリール版の形を丸くするようにハサミで形を整える、後は黒のスプレーで塗装し、弾頭部を完成させる。
刺突地雷完成版

最後はジュースの缶を弾頭と棒を繋ぐ部品として接着し、四本の棒を繋ぎあわせれば完成です。因みに高さは役140センチあります。
打上阻塞弾砲管部原材料

次は打上阻塞弾の作成です。まずはのこぎりで板と塩ビ管を必要な大きさと長さに切り、砲管部と台座として使います。
打上阻塞弾砲管部

次は塩ビ管をオリーブグリーンのスプレーで塗装します。
打上阻塞弾完成版

塗装した塩ビ管を木の板に接着すれば完成です。
打上阻塞弾弾体

弾体もジュースの缶を使いました。こう言った細身の缶の大きさや長さは丁度いいですので、塗装以外殆ど加工していません。

製作自体は順調で大成功でしたが、会場に持っていたら思わぬ問題が!それは...瞬間接着剤で接着した箇所は衝撃に弱い!直ぐ抜けてしまいます。荷物の中に入れた地雷の弾頭は周りのものに押されて、会場について取り出したら抜けていました。阻塞弾の砲管と台座の接着部もちょっと操作したら抜けました。幸いこれを予想して、接着剤を持って行ったので、直ぐ修理できました。出来上がった時点ではしっかり接着してたけどな...まぁ、あの時点では対衝撃実験をしていなかったですからね...今度は接着剤ではなく、他の方法で固定するのが課題ですね。

来年は重機関銃、速射砲か歩兵砲を作りたいですね。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

十兵衛さん、はじめまして、こんばんは。

うろうろしていたら此方のblogに辿り着きました。

すんごい旧軍マニアっぷりですネ!!
刺突地雷に七糎打上阻塞弾発射機の自作!!
いやぁ~、たまげました。。。

来年の製作予定は、どれになるでしょうか?
徳國のPak35/36やネーベルベルファーに
比べると旧軍器材はやたらと変な形してますから
作るの難しそうですね。。

九四式三十七粍砲はちょっと見てみたい気が
しますが、車輪の形が複雑だから難儀するかも
しれませんねぇ。
蔭ながら応援しております。

それではまた寄らさせて戴きまぁ~す♪

【2008/07/19 20:34】 URL | 決號作戦 #- [ 編集]


>決號作戦さん
初めまして~ようこそいらっしゃいました。
これからも是非是非また遊びに来てくださいませ。
この2つの自作を選んだ理由はやっぱり忙しい時間のうちで、簡単に製作できるだからですね。ただ、文章の中でも書きましたが、強度には色々と問題があったので、今度は強度の問題を改良した物を作りたいと考えています。

旧軍の武器を作る時、一番引っかかる問題はやっぱり形ですね。特に旧軍の武器は量産性を殆ど考えてなくて、工芸品クラスの変な形にした武器が多いので、それを再現するのは本当に難しいですね。

九四式三十七粍速射砲や大隊砲を作りたいと考えてますけど、両方とも車輪の形が複雑ですから、今でも再現の方法を考えていますが、なかなか上手くいきません...

因みに今年では、92式重機を作りたいと考えています、今は色々と資料を集めて、強度のあるものの作り方を考えています。どうなるのは分りませんが、無い知恵を絞って頑張ってみます。

【2008/07/19 23:53】 URL | 柳生十兵衛 #HfMzn2gY [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。