無料ホームページ ブログ(blog)
十兵衛の呟きじゃあ! 流石は百人一首!無類の強敵!
十兵衛の呟きじゃあ!
出版社の翻訳である私、柳生十兵衛日々の呟きです。メインはマンガ、アニメ(主にネギま)、声優さん、ミリタリーと仕事の呟きです。なるべく毎日で更新します(汗)


プロフィール

柳生十兵衛

Author:柳生十兵衛
台湾の出版社で翻訳をやっている柳生十兵衛です。よろしく!

翻訳担当作品:魔法先生ネギま!、ネギま!?neo、ラブひな、陸上防衛隊まおちゃん、スクールランブル、トッキュー!、サクラ大戦漫画版、ナルト、アイシールド21、ワンピース、ホイッスル!、かりあげくん、げんしけん、鋼の錬金術師、アキハバラ@DEEP、駅弁ひとり旅、となグラ!、銃夢Last Order、もう、しませんから!、はじめの一歩、デトロイト・メタル・シティ、エクセルサーガ、あずまんが大王、らき☆すた、桃組戦記、日露戦争物語、迷彩君、戦空の魂、戦海の剣、さよなら絶望先生、キャプテン翼GLODEN23、アタック!!、ちゅーぶら!!、ハンマーセッション、君のいる町、CMB森羅博物館の事件目録、新約「巨人の星」花形、ダイヤのA、天のプラタナス、ドリームズ、Y十M柳生忍法帖、新鉄拳チンミ、鉄拳チンミLegents...他多数。

また、野球も大好きで、草野球チームにも加入しています。特に日本の野球が大好き。高校野球、社会人野球、プロ野球どれも好きです。因みに応援しているプロ野球球団は広島東洋カープと北海道日本ハムファイターズです。

(注意!)コメントを記入する際、必ず投稿者の名前を記入してください。名無し状態で投稿した場合、如何なる内容のコメントでも、削除させていただきます。

なかのひと



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


流石は百人一首!無類の強敵!
この前の記事で、今回は百人一首(つまり和歌)の翻訳を挑戦することになったと皆さんに伝えました。そして昨日、一日奮戦した結果、この敵は無類の強敵であったと身をもって知りました。自分で翻訳を挑戦してみたところ、文字数、文意ともボロボロになってしまい、詩の形さえ保てなくなってしまった...これは流石にまずいので、すぐ参考資料あるかどうかをググって見たところ、現時点台湾では、2冊百人一首を完全に中国語訳した本があったと分かったので、昨日の夜、早速本屋に行き、参考資料として購入しました。

しかし今日の朝、その参考資料を基づいて百人一首の翻訳を進めたところ、「1句や2句だったらまだ大丈夫だが、この漫画は下手にしたら百人一首全部登場するはず...それを全部参考資料を基づいて翻訳するのはまずいなのでは?」と思ったので、すかさずうちの課長と相談し、さらに課長と共に、単行本製作部署の管理者と相談。最後の結論は「他の出版社の出版品を無断に参考するのはまずい、だから十兵衛さんなりに考えて翻訳し、なるべく詩の様に仕上げ、それから単行本の編集に修正して貰う」。と言うことは...振り出しに戻りました。いや...だから詩の様に仕上げるのは難しいだから悩んでますよ...この1冊だけで、結構作業時間が掛かるかも...最終決定はどうなるかはまだ課長と相談中です、結果はどうなるかは暖かく見守りましょう。

そもそもなぜこの漫画を出すのかは不可解ですよね...一般の書籍なら分かるけど...確かに「ヒカルの碁」のお陰で、囲碁を日本で流行らせ、世界各地も囲碁に興味を持つ子供も出てきたけど、「かるた」はちょっと違うような感じがします。囲碁は日本、台湾、中国、香港ともやってるひとなので、漫画を介して流行らせるのは理解できますが、「かるた」だと、完全に日本伝統のもので、中華文化圏には存在しないもので、精々大学の日本語学部でちょっと勉強する物(しかも選択科目です)。もし広めたいでしたら、まずは「かるた」を詳しく解説する本を出して、「かるた」と言うものを先に広め、基盤を作って、それから漫画を通して、ブームに火をつけるべきだと思います。今現在中華文化圏では「かるた」はまだ遊び道具として見なしているではなく、一種のコレクションと見なされているので、こう言う状態の中で、単に漫画を介して「かるた」を広めるのはちょっと無理と思いますが...
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

はじめまして
金之凌ともします
柳生十兵衛は台湾人ですか?
翻訳って凄いなぁ~
私は日本語勉強ちゅうですが…

【2008/01/17 13:41】 URL | 金之凌 #- [ 編集]


はじめまして。十兵衛様の関心分野にはうといのですが、十兵衛様の日本語の実力に魅了されて思わずフィード購読を始めてしまった者です。

その漫画のテーマってたぶん「競技かるた」ですよね。最近テレビで試合の様子を見たのですが、競技かるたは和歌の内容とはほとんど関係なく、詠み人が読みあげる上の句(前半部分)の何文字目まで聞けば並べられている札に書いてある下の句(後半部分)が特定できるか(決まり字)を重視するカードゲームになっているようです。なので、和歌の形式や芸術性にこだわらず、上の句の決まり字までが同音同声の漢字になるように翻訳すれば中国語版でも理解しやすいのではないでしょうか。競技かるたの達人は瞬時に反応できるよう札の表面に決まり字を(心的イメージとして)投射して見ているそうですよ。実際翻訳するとなると大変だと思いますが、一応ご参考までに。

【2008/01/17 14:44】 URL | osawa #- [ 編集]


>金之凌さん
はじめまして、ようこそいらっしゃいました。
そうです、私は正真正銘の台湾人です。
金之凌さんは日本語を勉強中ですか?頑張ってください!語学を勉強するのは続いてゆくことが一番大事ですよ。

>osawaさん
はじめまして、ようこそいらっしゃいました。
そうです、その漫画のテーマはまさに「競技かるた」です。漫画の中でもルールを大まかに説明しました、確かに競技の内容を見れば、和歌とは殆ど関係ないですね。ただ何といっても「かるた(百人一首)」は和歌によって構成された物ですから、出来れば翻訳する時は、やっぱり和歌の形式や芸術性を保った方がいいと思いますね。osawaさんが仰った方法も良いですが、決まり字までが同音同声の文字にしちゃうと、中国語の文書に成り立てない恐れもあります。しかも面倒なのは...この漫画の中で、和歌が丸ごと1句が出てくるのが多いですよ...
でも、貴重なご意見、ありがとうございます!

【2008/01/17 16:05】 URL | 柳生十兵衛 #HfMzn2gY [ 編集]


 素人の考えですが、漢詩版のかるたを作ってみてはどうでしょうか。
 李白や杜甫の詩を分離して、前半を読み上げたら、競技者が後半の詩が書いてある札を取る・・・

(上の句)
 朝に辞す白帝 彩雲の間
 千里の江陵 一日にして還る
 ↓
(下の句)
 両岸の猿声 啼いて住まざるに
 軽舟已に過ぐ 万重の山

 余談になりますが、長江三峡は是非行ってみたかった。結局その機会が無いままダムに水没することになったのは残念です。
 ちなみに日本海軍の艦上偵察機「彩雲」は、この詩から取られたといわれています。

【2008/01/17 17:20】 URL | こまねずみ #- [ 編集]


「まきいづみのひゃくにんいっしゅ」 
を参考にげふんげふん…

http://arkham.jp/hyakunin/

まぁ、アレだ、萌えに特化させればあるいは流行るかも知れませんよ?と言う事ではなかろうかと思いますが。
正直日本でもそんなに流行があるとは自分は思ってません(調べてませんが)ので、台湾でもそれが流行するともあまり思えません…
しかし、貴方が無謀とも思える物に果敢に挑戦する姿勢は皆が応援されている所だと思うので、超頑張れ~!w

あ、後3月に台湾に行くので、本当に少しガイドしてくれたら、何か良い物を持ってくデスよ?w
いや、マジデマジデw

後、文化交流とかって他の台湾の方と一緒にオタショップとかカラオケなんか出来たら超素敵なんすけどねww
台日友好の一端とかなんとか言ってさw

【2008/01/17 18:01】 URL | みっちー #AtRxdrHk [ 編集]


>こまねずみさん
一から作り直すってことですね?それも良い提案ですが、そうなると「かるた」自体の意味が消えるので、翻訳家としてはちょっと納得行かないやり方ですね。
漫画の中ではちゃんと「百人一首」の由来を解説しているので、こういうごまかしは直ぐバレると思います。

>彩雲の由来
あ!そうでしたか!それは知らなかったです!貴重な情報ありがとうございます!

>みっちーさん
それを参考するよりは、釘宮病を広がせた「ツンデレかるた」を参考すべきでしょう!(笑)

まぁ、萌えに特化したら、確かに流行るかもしれません。時代は萌えですからな!ただ、本文でも言ったように、これを中華文化圏で流行らせるのは本当に難しいです。

>3月の台湾旅行
いや、少しと言わずに、退社後だったら付き添いガイドしても大丈夫でっせ!
こちらのオタと交流したいですか~ハッキリ言って、こっちのオタ友達は日本より少ないけどな(笑)。

【2008/01/18 01:46】 URL | 柳生十兵衛 #HfMzn2gY [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。