無料ホームページ ブログ(blog)
十兵衛の呟きじゃあ! 今度は紫電改か!
十兵衛の呟きじゃあ!
出版社の翻訳である私、柳生十兵衛日々の呟きです。メインはマンガ、アニメ(主にネギま)、声優さん、ミリタリーと仕事の呟きです。なるべく毎日で更新します(汗)


プロフィール

柳生十兵衛

Author:柳生十兵衛
台湾の出版社で翻訳をやっている柳生十兵衛です。よろしく!

翻訳担当作品:魔法先生ネギま!、ネギま!?neo、ラブひな、陸上防衛隊まおちゃん、スクールランブル、トッキュー!、サクラ大戦漫画版、ナルト、アイシールド21、ワンピース、ホイッスル!、かりあげくん、げんしけん、鋼の錬金術師、アキハバラ@DEEP、駅弁ひとり旅、となグラ!、銃夢Last Order、もう、しませんから!、はじめの一歩、デトロイト・メタル・シティ、エクセルサーガ、あずまんが大王、らき☆すた、桃組戦記、日露戦争物語、迷彩君、戦空の魂、戦海の剣、さよなら絶望先生、キャプテン翼GLODEN23、アタック!!、ちゅーぶら!!、ハンマーセッション、君のいる町、CMB森羅博物館の事件目録、新約「巨人の星」花形、ダイヤのA、天のプラタナス、ドリームズ、Y十M柳生忍法帖、新鉄拳チンミ、鉄拳チンミLegents...他多数。

また、野球も大好きで、草野球チームにも加入しています。特に日本の野球が大好き。高校野球、社会人野球、プロ野球どれも好きです。因みに応援しているプロ野球球団は広島東洋カープと北海道日本ハムファイターズです。

(注意!)コメントを記入する際、必ず投稿者の名前を記入してください。名無し状態で投稿した場合、如何なる内容のコメントでも、削除させていただきます。

なかのひと



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今度は紫電改か!
この前の記事で台湾のケーブルテレビ局が「零戦燃ゆ」を放送したと書きましたが、今日同じチャンネルを見てみたら、今度はなんと戦争末期、松山基地に駐屯している紫電改部隊である「343航空隊(剣部隊)」をモチーフした戦争映画「太平洋の翼」を放送していた!これも中学生時代で見た大好きな映画でした。

うーん、若き日の三船敏郎さん、佐藤充さん、加山雄三さんと渥美清さんは格好いいですね!

やっぱり古い戦争映画は良いですね!


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2008/06/25 00:08】 | # [ 編集]


うぉうw カッチョイイねー
日本ではその手の映画はもぅ流さないのか見る機会はレンタルするしか無いですねー。

【2008/06/25 00:56】 URL | みっちー #- [ 編集]


>みっちーさん
現代のCGを使った戦争映画もいいけど、昔のこういう模型を使って撮影する古臭い戦争映画は違う味があるから良いですね。

DVD集めようかな...と本気で考えてみたり。

【2008/06/25 01:08】 URL | 柳生十兵衛 #HfMzn2gY [ 編集]


十兵衛さんこんばんはお久しぶりです。ネギまOADは予約しましたか?
紫電改の話ですか?紫電改は私の住んでいる町の公園に展示していますよ。

【2008/06/25 22:58】 URL | 岡野 #a1wT9NRs [ 編集]


>岡野さん
OADは結構早い段階で予約しましたよ。発売が楽しみですね!

>紫電改は私の住んでいる町の公園に展示していますよ。
え?それはどこですか?一度実物を見てみたいですね。

>名無しさん
あなたのコメントは投稿者の名前が残って降りませんので、当ブログの規約により、削除させていただきます。ご了承ください。
これからコメントを残す場合は、投稿者の名前を忘れずに記入してください。

【2008/06/26 01:05】 URL | 柳生十兵衛 #HfMzn2gY [ 編集]


 最近「激動の昭和史 沖縄決戦」を見ましたが、戦争映画は昔のもののほうがつくりがいいですね。軍人経験者が出演していたり、製作していたりすることがあるのかもしれません。
 最近の日本の戦争ドラマは「悲劇」ばかり描いて、「お涙頂戴」というような内容のものが多いので、あまり面白くないというのが正直な感想です。

 太平洋の翼はまだ見たことがないのですが、一度見てみたいです。

【2008/06/26 06:15】 URL | こまねずみ #- [ 編集]


>こまねずみさん
昔の戦争映画は確かに戦争経験者の出演や製作参加が多いなので、それでリアルな雰囲気を出していますね。また、模型とか使って撮影するのもリアルさを出しているのもいいですね。近年はCGを使って撮影するのが殆どですが、CGのリアルさはやっぱりちょっと模型に負けると思いますね。

そう言えば最近日本の戦争ドラマや映画は「悲劇」の物が多いですね。一昔前だと、日本が参戦した戦争をそのまま描いて、戦争の中の人間ドラマやちょっとした戦争美談もその中で描いていますが、最近は自虐的な歴史観の為か、そう言うものは殆どないですね。たとえ日本が過去で犯した間違いでも、それは日本歴史の一部ですから、末永く伝えて行くべきだと思います。1つの国が自分の歴史を忘れ去っていく事はとっても悲しいことです。

太平洋の翼は本当にお勧めですよ、是非見てみてください。連合艦隊や零戦燃ゆなどの戦争映画と比べて、製作した時間はもっと昔のものですから、その時代を代表した俳優さんたちの演技も見れますよ。

【2008/06/26 10:07】 URL | 柳生十兵衛 #HfMzn2gY [ 編集]


十兵衛さんこんにちはです。紫電改ですが私の住んでいる愛媛県南宇和郡愛南町の宇和海展望公園に展示しております。この紫電改は日本に現存する紫電改の唯一の機体だそうです。何故ここにあるのかと言うと、この辺りの宇和海に墜落して沈んでいたのを戦後間もなく引き上げて展示したらしいです。小さい頃に一度だけ見ましたが余りよく覚えてません。

【2008/06/26 14:34】 URL | 岡野 #a1wT9NRs [ 編集]


>岡野さん
なるほど、岡野さん在住の町は343航空隊の本拠地である松山基地に近いですね。その紫電改は松山付近の防空戦で撃墜されたものだと思いますね。紫電改の生産機数自体が少ないので、現存する機体も少ないですね。一度は実物を見てみたい。

【2008/06/27 09:49】 URL | 柳生十兵衛 #HfMzn2gY [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。