無料ホームページ ブログ(blog)
十兵衛の呟きじゃあ! 台北MRT内湖線開通
十兵衛の呟きじゃあ!
出版社の翻訳である私、柳生十兵衛日々の呟きです。メインはマンガ、アニメ(主にネギま)、声優さん、ミリタリーと仕事の呟きです。なるべく毎日で更新します(汗)


プロフィール

柳生十兵衛

Author:柳生十兵衛
台湾の出版社で翻訳をやっている柳生十兵衛です。よろしく!

翻訳担当作品:魔法先生ネギま!、ネギま!?neo、ラブひな、陸上防衛隊まおちゃん、スクールランブル、トッキュー!、サクラ大戦漫画版、ナルト、アイシールド21、ワンピース、ホイッスル!、かりあげくん、げんしけん、鋼の錬金術師、アキハバラ@DEEP、駅弁ひとり旅、となグラ!、銃夢Last Order、もう、しませんから!、はじめの一歩、デトロイト・メタル・シティ、エクセルサーガ、あずまんが大王、らき☆すた、桃組戦記、日露戦争物語、迷彩君、戦空の魂、戦海の剣、さよなら絶望先生、キャプテン翼GLODEN23、アタック!!、ちゅーぶら!!、ハンマーセッション、君のいる町、CMB森羅博物館の事件目録、新約「巨人の星」花形、ダイヤのA、天のプラタナス、ドリームズ、Y十M柳生忍法帖、新鉄拳チンミ、鉄拳チンミLegents...他多数。

また、野球も大好きで、草野球チームにも加入しています。特に日本の野球が大好き。高校野球、社会人野球、プロ野球どれも好きです。因みに応援しているプロ野球球団は広島東洋カープと北海道日本ハムファイターズです。

(注意!)コメントを記入する際、必ず投稿者の名前を記入してください。名無し状態で投稿した場合、如何なる内容のコメントでも、削除させていただきます。

なかのひと



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


台北MRT内湖線開通
7月4日(土)にて、台北MRT内湖線が開通されました。1996年3月28日、台湾最初のMRT路線である台北木柵線が開業してから、実に13年が過ぎました。この13年間、台北MRTは続々と新線開業に延伸区間開業が続き、既に台北市12の区のうち、11区がMRTが通っていましたが、唯一MRTが通っているのが、私が住んでいる内湖区でした。これまで内湖区の住民が市内に入る時、主な交通手段はやっぱりバスでしたので、ある意味「陸の孤島」でした。この内湖線が開業により、内湖区の交通はかなり改善されるでしょう。

最初内湖線は1996年で開通する予定でしたが、同じく日本で言う「新交通システム」を採用した木柵線は1993年、試運転の時、車両が火事を発生した為、内湖線の建設工事が全て中止されました。その後、政府側は「新交通システム」を取りやめ、内湖線は「地下鉄形式」で建設する事を打診し、沿線の住民も賛成。しかし1994年になって、政府側は「新交通システム」を維持したままで工事を再開することが決定しましたが、沿線の住民が大反対の為、工事は無期限延期になりました。

2000年になって、台湾の行政院は「内湖線の工事が再開しなければ、国からの補助金を撤回する」と言う通告を出しました。このままだと、内湖区は永遠にMRTが通らない所になる恐れがあることから、沿線の住民は妥協し、「新交通システム」で建設を進める事が正式に決定し、2002年の5月23日、工事を再開。

元々2008年6月で開通する予定でしたが、工事か困難の為、開業は2009年6月に延期する事が決定。その後は着々と工事が進み、ついに2009年6月15日で営業許可を授与され、7月4日で正式に開通した。

しかし、この「新交通システム」を採用した事で、開業した初日で、ずっと心配された問題が直ぐに浮かび上がりました。この問題は後ほどで述べます。
最新版台北MRT路線図
これは現在最新版の台北MRT路線図です。今回開業した内湖線は、赤い線で囲まれた区間です。内湖線は先に開通し、同じシステムを採用した木柵線と相互直通運転を行っているので、内湖区の住民は乗り換えなしで、直接市内へいけます。

葫洲駅
これは私の自宅の最寄り駅である葫洲駅です。信号待ちの時間を入れても、徒歩5分で到着できます。内湖線が開通する前、最寄のMRT駅へ行くには、バスを20分も乗らなければならなかったので、一気に便利になりました。

葫洲駅改札口
葫洲駅の改札です。自動改札が採用されてます。

車内
内湖線の車内です。新交通システムを採用しているので、かなり狭いです。日本のゆりかもめや日暮里舎人ライナーとほとんど変りません。

車内路線図
ドアの上にある車内の路線図。進行方向と次駅が点滅しますので、東京メトロ銀座線や丸ノ内線のドア上についているあれと同じですね。これは台湾のMRTが始めて採用されたものです。

列が凄い事に...清掃員も借り出された...ホームも人が一杯
これは7月4日開業当日、午後2時ぐらいの忠孝復興駅、内湖線のこ線橋とホーム上の状況です。路線図を見れば分かると思いますが、この忠孝復興駅は内湖線、木柵線唯一の乗り換え駅です。更にオフィス街、商業エリアが集中している台北市の中心部や台北県に向うでしたら、必ずここで乗り換えなければならない。そうなると、自然に乗客はこの駅に集中します。

しかし内湖線は車両が狭い新交通システムを採用しています。たとえ四両編成で運転していても、なかなか大量な乗り換え客を消化する事が出来ませんでした。その結果、列車に乗り切れなかった客はホームとこ線橋に溢れがえり、長い行列が出来てしまいました。MRT側も仕方なく、ホームの入場規制を行いました。

この日はあまりにも人が多かったので、普段単に駅の清掃を担当している清掃員も、列の整理に借り出されました(二枚目の写真の中で、緑のベストを着用してる女性が列を整理している清掃員です)。因みにこの日、私は列で20分も並んで、やっと乗車できました。

このような結果になった一番大きい原因は、やっぱり「運輸量が少ない新交通システムを採用した」に尽きると思います。最初内湖線の計画が持ち上がった1987年では、内湖区は人口がやや少なめの住宅街で、大きい商業施設やオフィス街がありませんでしたので、ただ住宅街の住民を通勤通学させる路線でとしては、新交通システムを使えば余裕だったはず。しかし21世紀に入り、内湖区は段々と大きな商業施設が進出して来ました。更にIT産業やテレビ局のオフィスも続々進出してきて、今は既に「内湖科学園区」と言うかなり大規模なオフィス街が出来上がり、それに伴い、新しい住宅も着々と建てられ、人口がかつでないほどに増え、この地域の出入りする旅客も大幅に増えていき、既に新交通システムが負担できるような運輸量になってしまいました。実はこの問題、開業前から既に危惧されております。そしてこの問題は、開業に連れて表面化しました。現在の内湖線は、いわば新交通の運行システムで、山手線の運輸量を担っていますので、混雑するのはある意味当たり前の事ですね。

先ほどニュースを見ましたが、この乗り換え駅は今朝通勤時も、内湖方面へ向うホームやそのホームに通じるこ線橋が人で溢れがえり、大行列になったそうです。しかし、今現在、この問題を解決する手立てはありません。駅と車両は既に完成しているので、今となって再び地下鉄式に建て替えるのは無理です。車両の増結は出来ないのか?という意見も多かったですが、このシステムは元々4両編成で運転する事を想定していたので、列車の増結は出来ないし、ホームの有効長やホームドアの関係上から見ても、それは無理なことです。一番抜本的な解決方法は乗換駅を増やす事ですが、これは今建設中の新線が完成しないと使えない解決方法なので、この問題が解決するまでは、まだまだ長い道のりがあります...

とは言え、この内湖線の開通は、内湖区の住民にとって、嬉しい事です。私を例に挙げると、これまで自宅から会社まで、もしバスを乗った場合、早くても1時間掛かります(ラッシュアワーの渋滞時間はまだ計算していません)。しかし内湖線を乗れば、乗り換え時間込みでも、遅くても50分で会社の最寄り駅まで到着できます。少なくとも10分短縮できます。私は既に、この内湖区で20年も在住しましたが、交通がかなり不便な内湖区もやっとここまで来ました、本当に嬉しい事です!


スポンサーサイト
テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

あ、出来ましたか。おめでとうございます。
でも、人口200万の中心地を走る路線としては
ちょっと厳しいかもしれませんね。
地下鉄と新交通システムとでは建設費がだいぶ
違うので、仕方ない選択だったのかもしれません
が、
しかし、やはり定時運行が見込める鉄道は
魅力です。よかったですね。

【2009/07/07 01:23】 URL | ちぇんちぇん #- [ 編集]


>ちぇんちぇんさん
やっとの思いで出来たので、一住民としては嬉しいですが、今の状況を見てみると、あと数年の工事をして、地下鉄式にすべきだったと思います。確かにこの路線のお陰で、内湖区の交通はかなり改善されますが、乗るまで長い行列を並ばないといけないことや、乗ったとしても身動きが取れないほどの混雑に見舞われるのは、かえって不便だと思います...

【2009/07/07 09:52】 URL | 柳生十兵衛 #- [ 編集]


いやぁ、ついにできましたね。
今度台湾に戻ったら、前面展望でも撮りたいですね。

【2009/07/09 18:33】 URL | David K. Narusegawa #- [ 編集]


>Narusegawaさん
ついに出来ましたよ!
ただ、車両の中はいつも混んでいますので、なかなか最前にはいけないですよ...

【2009/07/10 01:12】 URL | 柳生十兵衛 #- [ 編集]


ということは・・・金剛号は除籍廃艦のうえ、
MRT通勤になるですかね?www

ついでに・・・ はい!センセー!質問でーす!!
週刊新少年快報34期(7/24發行)に、
メイド食堂車(!?)MaidenDinerの紹介記事が
掲載されるって、本当ですかぁ~???

【2009/07/10 23:08】 URL | 決號作戦 #- [ 編集]


>決號作戦さん
>ということは・・・金剛号は除籍廃艦のうえ、
>MRT通勤になるですかね?www
いやいや、バイクはやっぱり一番便利ですから、引き続き使いますよ。

>新少年快報
コノ情報ハ未ダニ確認デキズ。確認次第返信ス。

【2009/07/11 03:32】 URL | 柳生十兵衛 #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。