無料ホームページ ブログ(blog)
十兵衛の呟きじゃあ! ネギま257話感想
十兵衛の呟きじゃあ!
出版社の翻訳である私、柳生十兵衛日々の呟きです。メインはマンガ、アニメ(主にネギま)、声優さん、ミリタリーと仕事の呟きです。なるべく毎日で更新します(汗)


プロフィール

柳生十兵衛

Author:柳生十兵衛
台湾の出版社で翻訳をやっている柳生十兵衛です。よろしく!

翻訳担当作品:魔法先生ネギま!、ネギま!?neo、ラブひな、陸上防衛隊まおちゃん、スクールランブル、トッキュー!、サクラ大戦漫画版、ナルト、アイシールド21、ワンピース、ホイッスル!、かりあげくん、げんしけん、鋼の錬金術師、アキハバラ@DEEP、駅弁ひとり旅、となグラ!、銃夢Last Order、もう、しませんから!、はじめの一歩、デトロイト・メタル・シティ、エクセルサーガ、あずまんが大王、らき☆すた、桃組戦記、日露戦争物語、迷彩君、戦空の魂、戦海の剣、さよなら絶望先生、キャプテン翼GLODEN23、アタック!!、ちゅーぶら!!、ハンマーセッション、君のいる町、CMB森羅博物館の事件目録、新約「巨人の星」花形、ダイヤのA、天のプラタナス、ドリームズ、Y十M柳生忍法帖、新鉄拳チンミ、鉄拳チンミLegents...他多数。

また、野球も大好きで、草野球チームにも加入しています。特に日本の野球が大好き。高校野球、社会人野球、プロ野球どれも好きです。因みに応援しているプロ野球球団は広島東洋カープと北海道日本ハムファイターズです。

(注意!)コメントを記入する際、必ず投稿者の名前を記入してください。名無し状態で投稿した場合、如何なる内容のコメントでも、削除させていただきます。

なかのひと



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ネギま257話感想
昨日はネギま257話掲載したマガジン32号の発売日です。感想は以下になります。
さて...今回のお話は幾つか、ネギま!の謎の中核の部分に迫ったので、18ページしかないのに、かつて無いほどの濃さを持っていました。

舞踏会の方は、結局ネギ、偽明日菜とラカンの3人が行くだけでなく、ネギパーティ全員が行く事になりました。まぁ、こうでもしないと、他の人が納得しませんから。

それにしても...赤松先生、判ってらっしゃる!まき絵と亜子は洋風のドレスが似合うけど、木乃香とさよはやっぱり和風のドレスが似合いますね。刹那も和風の方が似合うと思います。

パルは本当に勢いだけで生きている人ですね。舞踏会に行くのも単なる「楽しそうだから」と「自分も未来に有益」と思っただからだった。しかも未だにパクティオーしていないクラスメートに唆していますし...こう言う人は確かに傍にいると楽しいですが、ちょっとウザイですねwww

和美が嫌いなものは巨悪ですから、雲行きがおかしいと感じたら首を突っ込む癖がありますね。まぁ、これはジャーナリストの性でしょうね。和美が導き出した真実はまたどうなるのか、凄く気になりますね。そして千雨...この子も結局明日菜と同じく、ネギの事がほっとけないだから、やっぱり一緒に行くでしょうね。

ネギとパクティオすることに燃えている女の子の中に、夏美が入ってないのは...夏美のパクティオ相手は小太郎なのは既定路線と言う意味ですかな?www

さて、舞踏会が終わると、直接廃都へ向うので、当然これまで魔法世界でお世話になった方たちと、お別れを告げないといけないですね。出会いがあれば、別れもある...ちょっと残念ですね。アイシャは結構好きなキャラだったので、これでお別れするのは寂しいな...でも、彼女達がなければ、のどかの成長もなかったでしょうね。うーん...これからはまた出てくるかな?今後出てこないと、本当に勿体無いと思います...どうでしょう?赤松先生。アイシャたちの戦力は弱いだから、廃都でフェイト達と決戦する時はまず出てこないと思いますが...いや...パイオツゥやチコ☆タンたちと手を組んで、援軍として登場する可能性も僅かにあるかもしれない...そこに期待しよう!たとえ隊長とタカミチの方の登場する可能性は高いとも!と言うか、次は魔法世界の人が、麻帆良学園へ遊びに来るお話は見てみたいですね。

トサカはチラチラと亜子のことを見ているですね...やっぱり好きだったのかな?トサカは。

ここでトサカから驚きの情報が!何と、アリカは既に18年前、戦争犯罪人として処刑されていた!しかし、これは嘘だったということは、現時点ネギと言う10歳の息子があることで証明されています(まぁ、もちろんアリカ=ネギの母であることが前提ですが)。

しかし元オスティアの住民だあるトサカの証言から、実際のアリカは、公式の発表とはかなり違った人物だったと言う事がわかりました。更にラカンの話から見れば、公式の発表の方が嘘であることと言う可能性じはかなり高いです。しかもナギは1993年で死亡したことも公式の発表による情報なので、この裏には、何か大掛かりな陰謀があると思われます。

以下のことは、私個人が、これまで得た情報に基づいた妄想です。もちろん、これはアリカ=ネギの母と言う前提での妄想です。

公式の発表では、アリカは18年前の1985年で、ナギは1993年で死亡。しかし今はネギと言う10歳の息子がいるので、少なくとも10年前までは、アリカは生きていました。

もしかしたら20年前、大戦が終結した後、アリカとナギ、紅き翼とその協力者達が邪魔と思っていた勢力があわられた。その勢力はゲーデル総督ら一派で、彼らは政治的な実力を持ち、更にMM中枢までも掌握していました。だからアリカとナギの死亡は「公式発表」とした扱う事が出来ます。この一派にとって、フェイトら「完全なる世界」の手から世界を救うには、やり方がぬるい「紅き翼」やその協力者達は邪魔なので、色んな手段を使ってその人たちを粛清。まずはアリカを戦争犯罪人として捉え、処刑し、そして「紅き翼」のメンバーを散り散りにさせた、その結果、ナギとゼクトは行方不明、ラカンとアルは身を潜み、ガトウは死亡、タカミチ、詠春と明日菜は旧世界へ逃亡(その後詠春は関西呪術協会総長に就任、タカミチと明日菜は旧世界の魔法使い根拠地である麻帆良学園へ)。そして魔法世界に残ったのはテオドラ、リカードとセラスこの3人の「紅き翼」の協力者。しかしこの3人の影響力が強くないので、勢力(アリアドネー、ヘラス帝国での一部勢力とMM元老院での一部勢力)を維持するのがやっとで、何も出来なかった。

しかし実際、アリカは刑死する前、ナギたちに救出され、逃亡をしました。紅き翼のメンバー達と協力者達の結末は変らなかったが、アリカとナギは共に逃亡をし続け、逃亡中アリカはネギと言う息子を身篭った。そして10年前、ネギは誕生。しかしこの新たに生まれた命にも迷惑が掛かる事を恐れ、夫婦はネギのことをスタンやネカネに任せた、2人とも姿を消した(これがあやかが調べだした「ナギは10年前で失踪」という事の実態でした、しかしMMの中枢は体裁を守る為、アリカとナギの死を「公式発表」しましたが、ナギらの粛清を主導したゲーデルらは事実を知っている)。

その後、二人の行方は誰も分からず、そしてネギが住んでいる村が悪魔に襲われた時(これは恐らくゲーデル一派がネギの行方と身分を知り、ヘルマン公爵と悪魔を雇って村を襲った)、ナギは息子の危機を救う為に現れ、最後は杖を残して再び姿を消した。そして今は、ナギは生存していますが、アリカは恐らく既に死亡している(アリカ死亡の件は、紅き翼のメンバーやテオドラ、セラス、リカードのみ知っている、そして全員の間では、まだネギに教えないと言う暗黙の約束が存在する)。

なお、現在の魔法世界は3つの勢力が存在している、一つがフェイトら「完全なる世界」、一つが「紅き翼」の残存勢力(しかし現在の勢力はかなり弱ってる)、もう一つがゲーデルらMM中枢を牛耳っている勢力。ゲーデルらは「完全なる世界」が明日菜を手に入れることを予想をしていたので、それを対抗する為に、今は強い力を持っているネギを欲しがっているかもしれません。なぜ彼らは明日菜ではなく、ネギを選んだのか?それは彼らは、明日菜のその強大な魔力をコントロールする自信がないかもしれません。もし明日菜の力をコントロールしきれず、それで世界を滅ぼしたで有れば、彼らが思う「世界を救う」と言う目的が達成されたとは言えませんので...よって、この一派は、恐らく「世界を救いたい」と言う理想を持っている政治家、商人や運動家から結成されているかも知れません...そして紅き翼現存のメンバーであるラカン、アルと詠春は、既に情勢が怪奇複雑の魔法世界を見切り、何もかも関わりたくない姿勢を貫いています。

う~ん...何か一気にネギまの全ての謎の答えを妄想してみましたねwwwいや~面白い!妄想は面白い!

さて、最後では、魔法世界はもしかしたら火星と何か関係がある?と言う更なる謎を残しました。この謎は、未来人である超鈴音は、自分が「火星人」と言った謎は繋がりましたね。と言う事は、あの時、超が言ったのは冗談ではなく、本気でそう言っていた事になります。もしかしたら、地球の魔法世界の源が火星の文明かもしれませんね。その後地球の魔法世界では、魔法は盛んでいましたが、火星では魔法と科学を融合した文明の方が盛んでいたかもしれません。ですから...超が作った茶々丸、火星文明の産物かもしれません!うーん...妄想が止まらん!これが堪らん!


スポンサーサイト
テーマ:魔法先生ネギま! - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

ネギま!関連サイト巡回(07/09)

■「十兵衛の呟きじゃあ!」さん「ネギま257話感想」 >トサカはチラチラと亜子のことを見ているですね... >やっぱり好きだったのかな?トサカ...
ネギま!部屋(楊さんのページ別館)【2009/07/09 06:28】






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。