無料ホームページ ブログ(blog)
十兵衛の呟きじゃあ! ブックフェアの搬入と釘宮病
十兵衛の呟きじゃあ!
出版社の翻訳である私、柳生十兵衛日々の呟きです。メインはマンガ、アニメ(主にネギま)、声優さん、ミリタリーと仕事の呟きです。なるべく毎日で更新します(汗)


プロフィール

柳生十兵衛

Author:柳生十兵衛
台湾の出版社で翻訳をやっている柳生十兵衛です。よろしく!

翻訳担当作品:魔法先生ネギま!、ネギま!?neo、ラブひな、陸上防衛隊まおちゃん、スクールランブル、トッキュー!、サクラ大戦漫画版、ナルト、アイシールド21、ワンピース、ホイッスル!、かりあげくん、げんしけん、鋼の錬金術師、アキハバラ@DEEP、駅弁ひとり旅、となグラ!、銃夢Last Order、もう、しませんから!、はじめの一歩、デトロイト・メタル・シティ、エクセルサーガ、あずまんが大王、らき☆すた、桃組戦記、日露戦争物語、迷彩君、戦空の魂、戦海の剣、さよなら絶望先生、キャプテン翼GLODEN23、アタック!!、ちゅーぶら!!、ハンマーセッション、君のいる町、CMB森羅博物館の事件目録、新約「巨人の星」花形、ダイヤのA、天のプラタナス、ドリームズ、Y十M柳生忍法帖、新鉄拳チンミ、鉄拳チンミLegents...他多数。

また、野球も大好きで、草野球チームにも加入しています。特に日本の野球が大好き。高校野球、社会人野球、プロ野球どれも好きです。因みに応援しているプロ野球球団は広島東洋カープと北海道日本ハムファイターズです。

(注意!)コメントを記入する際、必ず投稿者の名前を記入してください。名無し状態で投稿した場合、如何なる内容のコメントでも、削除させていただきます。

なかのひと



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブックフェアの搬入と釘宮病
2010年の台北国際ブックフェアは、今日から開催します。昨日はいつも参加した搬入活動に参加しました。

獣神演舞広告版
今年も例年通り、ヒット作品や宣伝重点の作品は、ブースの周りに大型の広告版を貼っております。もちろん今年もヒット作品のネギま!の広告版があります。今年使用した画像は単行本27巻通常版の表紙です。
ネギま!広告版
その隣にはフェアリテールの広告版もあります。
フェアリテール広告版
台湾でも大人気なハガレンの広告版もあります。
DSC09958.jpg
更に今回のイベントで初売りとなる獣神演舞の広告版もあります。
OPストロングワールド広告版
また、もう直ぐ台湾でも上映する「ワンピース劇場版ストロングワールド」の広告版もあります。丁度この搬入日の夜はこの映画の試写会があり、私も見に行きました。感想はまた別の記事で...
赤松作品
そして、本棚の上にも、赤松作品が陳列されています。ネギま!は大ヒット作品なので、こういうイベントでは多い目に仕入れします。実際イベントでもかなり売れてます。しかしよく見てみると...この数は圧巻ですね!
獣神演舞1巻
初売りの獣神演舞1巻も本棚に陳列されてます。
世界の危機はめくるめく
また、藤真拓哉先生がイラストを担当したライトノベル「世界の危機はめくるめく」も陳列されてます。
正門
イベント会場の正門も、ごらんの通り、セッティングされてます。

実は今回のイベントで、日本から声優の釘宮理恵さんがゲストとして招き、サイン会を行います。そのサイン資格を手に入れるため、年明け後の1月5日では、もう徹夜組が会場に現れた事も日本のネットニュースに報道されてます。
釘宮理恵台湾で異常人気 サイン会25日前から徹夜組J-CASTニュース内)
昨日搬入に行った時、ついでに今の状況を見てきましたが、凄いですね、本当に...
朝9時釘宮病患者の列1朝9時釘宮病患者の列2
これは朝9時頃、会場前に着いたばかり時の列の状況です。パッと見た感じ、ザッと100人ぐらいは居るでしょう。
夕方5時の釘宮病患者列
そしてこれが、夕方5時頃、搬入が終わって会場から撤収した頃の列です。人数は恐らく150人~200人まで膨らんだと思います。しかも既にダンボールを敷いて、夜を過ごす用意をしているも居ます。朝会場に到着した時、布団まで持ってきて寝てる人も居ました。

皆さんは声優さんと会いたい気持ちも分かるけど、噂によれば、今回の早すぎた徹夜組の出現は、これまでにない混乱を引き起こしたそうです。並ぶ順番の認定の曖昧さや信頼の無さのお陰で、毎日ネットの掲示板で論戦を起きています。更に転売屋や代理並び屋の出現によって、更なる混乱や恨みが起こったそうな。聞いた話によると、暴力事件までもが起きたそうです。この情熱は認めるけど、何かその情熱を間違った所に使った気がしますな...うーん...釘宮病の伝染力、恐るべし!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

図書展、お疲れ様でした。翻訳の仕事と平行しての展覧、大変ですね。また行ってみたいですが1月だときついです・・・
釘宮さんの人気にはびっくりです。早速自由時報の記事にも目を通しました。情報ありがとうございます。お忙しいでしょうが、更新も楽しみにしています。

【2010/01/31 00:16】 URL | ちぇんちぇん #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。