無料ホームページ ブログ(blog)
十兵衛の呟きじゃあ! 翻訳担当作品紹介第1弾
十兵衛の呟きじゃあ!
出版社の翻訳である私、柳生十兵衛日々の呟きです。メインはマンガ、アニメ(主にネギま)、声優さん、ミリタリーと仕事の呟きです。なるべく毎日で更新します(汗)


プロフィール

柳生十兵衛

Author:柳生十兵衛
台湾の出版社で翻訳をやっている柳生十兵衛です。よろしく!

翻訳担当作品:魔法先生ネギま!、ネギま!?neo、ラブひな、陸上防衛隊まおちゃん、スクールランブル、トッキュー!、サクラ大戦漫画版、ナルト、アイシールド21、ワンピース、ホイッスル!、かりあげくん、げんしけん、鋼の錬金術師、アキハバラ@DEEP、駅弁ひとり旅、となグラ!、銃夢Last Order、もう、しませんから!、はじめの一歩、デトロイト・メタル・シティ、エクセルサーガ、あずまんが大王、らき☆すた、桃組戦記、日露戦争物語、迷彩君、戦空の魂、戦海の剣、さよなら絶望先生、キャプテン翼GLODEN23、アタック!!、ちゅーぶら!!、ハンマーセッション、君のいる町、CMB森羅博物館の事件目録、新約「巨人の星」花形、ダイヤのA、天のプラタナス、ドリームズ、Y十M柳生忍法帖、新鉄拳チンミ、鉄拳チンミLegents...他多数。

また、野球も大好きで、草野球チームにも加入しています。特に日本の野球が大好き。高校野球、社会人野球、プロ野球どれも好きです。因みに応援しているプロ野球球団は広島東洋カープと北海道日本ハムファイターズです。

(注意!)コメントを記入する際、必ず投稿者の名前を記入してください。名無し状態で投稿した場合、如何なる内容のコメントでも、削除させていただきます。

なかのひと



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


翻訳担当作品紹介第1弾
ここに来た方は、殆ど私が「ネギま!」の翻訳をしている事は知っているでしょう。ですが、実際私は「ネギま!」以外にも、幾つかの作品の翻訳を担当しています。皆さんにもっと私の仕事を紹介する為、以後は不定期で、翻訳担当作品のご紹介を行うつもりです。なお、作品の感想はあくまでも私個人の感想ですので、もし皆さんの感想と食い違いがあれば、ご容赦のほどを、、、

さて、第1弾で紹介する作品は江川達也先生の「日露戦争物語-天気晴朗ナレドモ浪高シ(中国語版の名前は「日俄戦争物語-万里晴空下的驚濤駭浪」)」です。

この作品の主人公は明治38年の日露日本海海戦で日本連合艦隊の参謀を務め、その海戦で日本海軍に勝利を導いた秋山淳五郎真之です。一見これは秋山真之の伝記漫画なんですが、実は日本が日露戦争が始まるまでの歩みも語っています。今までの文献では日清、日露戦争の詳しい状況(戦場の状況だけでなく、将兵の心、当時の状況、政府の動き)を語ったものが少なく、私が知る限り、この漫画はこれまで、これらのことを一番詳しく語った作品と言ってもいいでしょう。しかも、江川先生は独特な視点でことを分析し、これまでの文献とは全く違う見方を出していますので、歴史文献を読む事が大好きな私はこの作品を見たとき、凄く新鮮な感じがしました。さらにこれまでの文献で多く語った戦争美談(陸軍ラッパ手木口小平太の戦死、軍歌「勇敢なる水兵」の主役である三浦虎次郎の戦死、日清黄海海戦の大勝利など)を現実的な目で捉え、美談の実態を語りました。これはこれまでの文献で知らなかった事なので、とっても面白いですね。これまで映画で得た日露戦争や明治時代の知識はほぼ根本から覆させたこの作品は、歴史研究をしている方やそうでない方にも、面白い作品になるだと思います。歴史に興味がある方が読むと、面白さも倍増しますので、一度読んでみてはいかがですか?この作品は今18巻まで発行していて、時代はまだ日露戦争の10年前まで描かれていませんので、打ち切りが無い限り、まだまだ長く続きそうで、翻訳を担当している私も楽しみにしています。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

日露戦争物語・・・
たしか東京大学物語書いてる人と同じでしたよね?

【2005/12/22 22:06】 URL | 山神 識 #kFfTDLeA [ 編集]


>山神さん
そうです。以前江川先生の漫画はエロい、グロい印象はありましたが、この作品は全く違いますね~

【2005/12/22 22:23】 URL | 柳生十兵衛 #HfMzn2gY [ 編集]


日露戦争物語は残念ながら読んだことないですが……(江川達也のマンガが普通の書店で並んでいるのをみたことがない・汗)非常に文章量の多そうなマンガですね。

江川達也は最近日本のテレビに出ずっぱりで、ほうぼうで「マンガは読むべきじゃない」とか言っています(^^;)
なので、漫画家よりはコメンテーターとか評論家のイメージのほうが強いです(爆)

【2005/12/22 23:28】 URL | りんかいる #cQ0E/nuo [ 編集]


>りんかいるさん
そうです、この作品の文章量は非常に多いです。今日は18巻の翻訳作業をしたときも、その中の1話で、秋山真之が書いた手紙の一部の原文をそのまま載せ、吹き出しで現代語訳が入っていて、午前中はその1話のみの翻訳に当たりました。

>漫画家よりはコメンテーターとか評論家のイメージのほうが強いです
この「日露戦争物語」では、これを強く感じますね。1冊の約1/3から半分は当時の日本を評論していましたよ。以前の漫画を描いた方とは思えないほどの変貌っぷりが見えます。

【2005/12/22 23:56】 URL | 柳生十兵衛 #HfMzn2gY [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。