無料ホームページ ブログ(blog)
十兵衛の呟きじゃあ! 秘境駅を訪ねて~その2 多良駅到着~
十兵衛の呟きじゃあ!
出版社の翻訳である私、柳生十兵衛日々の呟きです。メインはマンガ、アニメ(主にネギま)、声優さん、ミリタリーと仕事の呟きです。なるべく毎日で更新します(汗)


プロフィール

柳生十兵衛

Author:柳生十兵衛
台湾の出版社で翻訳をやっている柳生十兵衛です。よろしく!

翻訳担当作品:魔法先生ネギま!、ネギま!?neo、ラブひな、陸上防衛隊まおちゃん、スクールランブル、トッキュー!、サクラ大戦漫画版、ナルト、アイシールド21、ワンピース、ホイッスル!、かりあげくん、げんしけん、鋼の錬金術師、アキハバラ@DEEP、駅弁ひとり旅、となグラ!、銃夢Last Order、もう、しませんから!、はじめの一歩、デトロイト・メタル・シティ、エクセルサーガ、あずまんが大王、らき☆すた、桃組戦記、日露戦争物語、迷彩君、戦空の魂、戦海の剣、さよなら絶望先生、キャプテン翼GLODEN23、アタック!!、ちゅーぶら!!、ハンマーセッション、君のいる町、CMB森羅博物館の事件目録、新約「巨人の星」花形、ダイヤのA、天のプラタナス、ドリームズ、Y十M柳生忍法帖、新鉄拳チンミ、鉄拳チンミLegents...他多数。

また、野球も大好きで、草野球チームにも加入しています。特に日本の野球が大好き。高校野球、社会人野球、プロ野球どれも好きです。因みに応援しているプロ野球球団は広島東洋カープと北海道日本ハムファイターズです。

(注意!)コメントを記入する際、必ず投稿者の名前を記入してください。名無し状態で投稿した場合、如何なる内容のコメントでも、削除させていただきます。

なかのひと



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


秘境駅を訪ねて~その2 多良駅到着~
私達が乗った普通列車は出発してから約30分後、目的地の多良駅に到着しました。この日多良駅で降りた人は私達を含めて約15人、恐らくここ数年間、この駅で一番多くの人が降りた日でしょうね。帰りの普通列車は1時間後到着するので、私達はここで1時間を止まることになりました。

この多良駅は元々信号場だったのですが、いつの間にか客扱い業務を始めました。駅は2面2線形式で、ホームは対向式、駅の両側はポイントがあり、単線区間が続いてる南廻線の中では、列車交換が出来る一つの駅でしたが、南廻線に走る列車はそれほど多くは無く、更に多良駅の両側にある駅も交換設備がある駅であり、しかも有人駅なので、すべての列車は両側の駅で交換を行うことになり、多良駅で交換する列車はなくなりました。私達が行った時、既に駅の両側にあるポイントと片側の線路は撤去され、片方のホームも放置され、駅は1面1線の状態で使用されています。更に、この駅は毎日上下計4本の普通列車しか停車しません。優等列車はすべてこの駅を通過します。加えてこの駅の近くは殆ど人家が無く、駅に一番近い小学校も既に廃校され、一番近い集落も駅から遠い所にあり、利用客は全く無い状態が続いたので、台湾鉄路管理局はついにこの駅を廃止することを決めました。

この駅は駅舎というものは無く、ホームも屋根や待合室がありませんので、夏の時、この駅で列車を待つことは苦痛です。また、この駅の立地条件も凄く特別です。駅のすぐ下は広い国道があり、台東から南へ向かう車はすべてその国道を通ります。そして国道の傍はもう海ですが、海岸線の近くは海水浴場の設備などは全く無く、たとえ車を運転していても、特別の用がない限り、決してこの近くで車を止めることはありません。多良駅はその国道の真上約10メートルに存在する高架駅ですが、国道から駅の入り口までは急な坂道を約5分ぐらい上らないといけないので、やや不便な駅だと思います。当初は何故ここで駅を作ったのかは不思議です。

しかし、駅のホームから眺める景色はとっても壮麗です。駅は一段と高い位置にあるので、ホームに立ってるだけで目の前の太平洋が眺めます。強い日差し、青い海と空、緑の山に灰色の海岸線...景色はとっても綺麗です。ホームに立ってるだけで、こんな美しい景色を見ることが出来ますが、態々こんな駅に降りて、美しい景色を眺める人は無いでしょうね...

私達はこの駅の周りを探索してみました。錆びたホームの手すり、無残に残ってる駅名標の柱と街灯の基座、欠けた駅名板...この駅の寂しさをうまく出しています。そして駅の探索しているとき、一列の貨物列車と自強号特急列車はこの小さな駅を通過しました。私達もこの風景を撮りました。

1時間後、台東へ戻る普通列車は多良駅の到着。私達は普通列車を乗り、この景色は最高な秘境駅から離れました。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

列車の旅って、どこでやっても楽しいですねぇ☆ほのぼのとしてて☆

【2006/07/09 20:26】 URL | 弟子 #- [ 編集]


>我が弟子
そうだね。北海道で列車の旅をしたいな~

【2006/07/09 22:27】 URL | 柳生十兵衛 #HfMzn2gY [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。