無料ホームページ ブログ(blog)
十兵衛の呟きじゃあ! 公務員の効率は悪いね~
十兵衛の呟きじゃあ!
出版社の翻訳である私、柳生十兵衛日々の呟きです。メインはマンガ、アニメ(主にネギま)、声優さん、ミリタリーと仕事の呟きです。なるべく毎日で更新します(汗)


プロフィール

柳生十兵衛

Author:柳生十兵衛
台湾の出版社で翻訳をやっている柳生十兵衛です。よろしく!

翻訳担当作品:魔法先生ネギま!、ネギま!?neo、ラブひな、陸上防衛隊まおちゃん、スクールランブル、トッキュー!、サクラ大戦漫画版、ナルト、アイシールド21、ワンピース、ホイッスル!、かりあげくん、げんしけん、鋼の錬金術師、アキハバラ@DEEP、駅弁ひとり旅、となグラ!、銃夢Last Order、もう、しませんから!、はじめの一歩、デトロイト・メタル・シティ、エクセルサーガ、あずまんが大王、らき☆すた、桃組戦記、日露戦争物語、迷彩君、戦空の魂、戦海の剣、さよなら絶望先生、キャプテン翼GLODEN23、アタック!!、ちゅーぶら!!、ハンマーセッション、君のいる町、CMB森羅博物館の事件目録、新約「巨人の星」花形、ダイヤのA、天のプラタナス、ドリームズ、Y十M柳生忍法帖、新鉄拳チンミ、鉄拳チンミLegents...他多数。

また、野球も大好きで、草野球チームにも加入しています。特に日本の野球が大好き。高校野球、社会人野球、プロ野球どれも好きです。因みに応援しているプロ野球球団は広島東洋カープと北海道日本ハムファイターズです。

(注意!)コメントを記入する際、必ず投稿者の名前を記入してください。名無し状態で投稿した場合、如何なる内容のコメントでも、削除させていただきます。

なかのひと



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


公務員の効率は悪いね~
皆さん、まだ覚えていますか?10月の記事で、私が所持している4丁のモデルガンは、所持許可証申請するため、警察に渡しましたって事を書いていました。しかし10ヶ月を過ぎた今でも、まだ検査は終了しておらず、銃もまだ戻って来ていません。

これまで、何度も警察の方に電話して、検査の状況を聞いてみたですが、3月まで得た答えは「検査を待つ銃が多いので、君のが送ってきた物はまだ検査してないよ」、4月に入ると、さすがにおかしいと思ったので、警察に詳しい友人を頼んで問い詰めた所、帰ってきた答えは「君の銃はどうやって検査するのかは分からないので、ずっとうちの鑑識の所で寝てたよ、今すぐもっと上の機関の鑑識の方に回します」だった!なんだよ!検査の仕方が分からないから何もしなかったのか!しかも問い詰めないと実情を教えてくれないとは、、、これが公務員なのか!

こうして、私の銃は台北市の最高警察機関「台北市警察局(日本の警視庁、各県の県警や府警に当たる)」から全国最高の警察機関「内政部警政署(日本の警察庁にあたる)」へ送られた。この時、私は「これで私の愛銃はもう直ぐ帰ってくるだろう」と思っていた、、、

しかし!そうではなかった!今になって銃はまだ戻って来ていません!さすがに公務員に呆れた私は、警察に詳しい友人と相談して、警察機関に公文書を送る事に決めました。電話で直接問い合わせしても、担当者は言い訳を出来ますが、公文書を送りつけると、公務員は必ずその公文書の問い合わせ事項に対し、答えを出さないといけません。怒った私は台北市警察局と内政部警政署の他に、自宅の管轄警察機関である「台北市内湖分局(日本のXX警察署に当たる)」にも公文書を送りつけた。

そして今日、公文書を受け取った内湖分局と台北市警察局の担当警官は、慌てて私に電話をくれて、私に事の経緯を聞きました。内湖分局の担当警官は6月で着任したばかりで、何も知らなかったようです。私が送った公文書で書いたことを見て「1年近くも検査するのは変だ」と言いました。いや、、、私に言われてもなぁ~むしろその言葉をそのままお返ししたいよ!この警官は、もし私がいま銃の居所を分かる事ができて、直ぐ彼に連絡すれば、現在の検査情況を調べてくれるそうです。

台北市警察局の担当警官も私から事の経緯を聞き、それから調べて、この2、3日で答えをくれるだそうです。

また、内湖分局の担当警官から聞いた話によると、私の銃は10月11日にて、自宅の近くの交番の担当警官が受け取り、翌日は直ぐに内湖分局に送り、14日にて、分局の担当警官は銃を台北市警察局の方に送ったとか。つまり、内湖分局の方は迅速に処理をしてくれたが、台北市警察局の方はずっとそれをほったらかししていたと言う事です。何たる効率の悪さだ、、、

私が面白いと感じたのは、、、元々主動に連絡をくれない各部署の担当警官たちは、公文書を受け取った途端に慌てて連絡をくれました。こんなプレッシャーを受けるだったら、最初からちゃんと仕事しろ!って事ですよね、、、今回の一件で、公務員の効率の悪さを改めて認識しました。

あとは現在私の銃をの検査を担当しているはずの警政署の回答を待つのみです、どんな答えをくれるのかは楽しみにしています(笑)。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

十兵衛さんのモデルガンの中には…弟子が大事にしていた弟子のビービー弾が入っていた(笑)

【2006/08/07 21:06】 URL | 弟子 #- [ 編集]


公務員ダメだなぁ…って事で今日から、弟子務員に名前を変更(笑)

【2006/08/07 21:08】 URL | 弟子 #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。