無料ホームページ ブログ(blog)
十兵衛の呟きじゃあ! 仕事
十兵衛の呟きじゃあ!
出版社の翻訳である私、柳生十兵衛日々の呟きです。メインはマンガ、アニメ(主にネギま)、声優さん、ミリタリーと仕事の呟きです。なるべく毎日で更新します(汗)


プロフィール

柳生十兵衛

Author:柳生十兵衛
台湾の出版社で翻訳をやっている柳生十兵衛です。よろしく!

翻訳担当作品:魔法先生ネギま!、ネギま!?neo、ラブひな、陸上防衛隊まおちゃん、スクールランブル、トッキュー!、サクラ大戦漫画版、ナルト、アイシールド21、ワンピース、ホイッスル!、かりあげくん、げんしけん、鋼の錬金術師、アキハバラ@DEEP、駅弁ひとり旅、となグラ!、銃夢Last Order、もう、しませんから!、はじめの一歩、デトロイト・メタル・シティ、エクセルサーガ、あずまんが大王、らき☆すた、桃組戦記、日露戦争物語、迷彩君、戦空の魂、戦海の剣、さよなら絶望先生、キャプテン翼GLODEN23、アタック!!、ちゅーぶら!!、ハンマーセッション、君のいる町、CMB森羅博物館の事件目録、新約「巨人の星」花形、ダイヤのA、天のプラタナス、ドリームズ、Y十M柳生忍法帖、新鉄拳チンミ、鉄拳チンミLegents...他多数。

また、野球も大好きで、草野球チームにも加入しています。特に日本の野球が大好き。高校野球、社会人野球、プロ野球どれも好きです。因みに応援しているプロ野球球団は広島東洋カープと北海道日本ハムファイターズです。

(注意!)コメントを記入する際、必ず投稿者の名前を記入してください。名無し状態で投稿した場合、如何なる内容のコメントでも、削除させていただきます。

なかのひと



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


困るよ!そんなの!
さっきとある漫画の第2巻を翻訳をしていたら、困ったことにぶち当ててしまった...

この漫画のヒロイン名前は「まゆき」です。1巻の最初から最後まで、全然漢字が出てきておりませんので、私から「真雪」と名づけました。しかし!2巻の終盤でやっと漢字が出てきました、公式の漢字は「繭希」でした。私がつけた漢字とは全く違うし、これは公式の発表ですから、優先権はこっちが上...しかも2巻では「繭希」の由来にも語っていました...

これは流石に困ったことになったので、すぐ上に報告しました。出来れば1巻の方を合わせて訂正して欲しいですが、既に1巻は印刷に入る段階に至ったので、もう訂正は不可能との事...

最後上の決断は「1巻の訂正はもう無理だし、再版もないはずだから、2巻も「真雪」で貫き通せ。名前由来の説明の所は破綻が無い様何とかしろ。同じにしないと、この作品は破綻するから。」だった。原作を忠実に翻訳できないのは、翻訳家の原則に反することなので、できれば避けたいですが、さすがにこれは仕方ないですね...

これまで、雑誌の連載翻訳も同じようなことが起きました。その時は後々のことを考えて、公式発表があった回から訂正し、雑誌に掲載する時はお知らせも合わせて掲載し、単行本出版する時では、すでに訂正した物を出すと言う形の取っていましたが、単行本のみ出版する場合は、どうしてもこんなことが起きます。日本語だと、カタカナやひらがなのみで構成したものをそのまま掲載してもOKですが、中国語みたいな一つ一つの文字から更に文字を構成する言葉だと、どうしてもこう言う困ったことにぶち当たります。これは外国語を中国語に翻訳する時のみにぶち当たる問題と言えましょう。

こう言う演出の仕方は物語としてはいいですが、翻訳家にとっては悩みの種だと思いますね。




今度は下着に挑戦!
また新しい担当作品を受け取りました。今度担当する作品は、本編の中で堂々と中学生少女の下着が乱舞する下着系(?)コミック「ちゅーぶら!!」です。

この作品はこれまでには無かった「女性用下着」をテーマにした作品ですので、この本の紹介を見た時は凄く興味が湧きました(性的な意味もありますが(笑))。でも、実際読んでみると、エロいシーンはそこそこあったものの、そんなに多くありませんでした。しかし女性用下着に関しての知識が色々と書かれているので、男性としては良い意味で勉強出来る作品と思います。

ちなみにこの作品の中国語タイトルは「青春CUP」になります。少女を表す青春プラスブラのCUP、上は珍しく良い名前を付けたと思いますね。
ちゅーぶら!! 1 (1) (アクションコミックス)ちゅーぶら!! 1 (1) (アクションコミックス)
(2007/10/12)
中田 ゆみ

商品詳細を見る





ネギま!21巻補充翻訳完了
補充翻訳完了~
今回は久しぶりに大量な呪文解説が会ったので、燃えました!でも、これらの解説が有っただからこそ、それぞれの魔法の効用と名前の由来が分かるですね~本当に無くてはならないものです。

作業中何度も何度も茶々丸がイッた(?)シーンを見返すのはヒミツです(笑)。



テーマ:魔法先生ネギま! - ジャンル:アニメ・コミック

会場より
離脱。
足が棒の様になった。まるまる12時間何もやること無く、ただ番犬みたいに立ってるのは体だけでなく、精神も疲れる、、、

これから、日本から来た友達と合流し、ちょっとコーヒーを飲んでから帰ります。

明日は通常出勤だ、、、

会場が
混んできた。仕事や学校が終わった人達が集まって来た様だ。

でも相変わらず私の仕事は無い。暇だ、、、眠い、、、さっき立ったままで居眠りした。

神田さんのラジオ間もなくはじまる、生中継見たいなぁ、、、

ただ今会場
現在台北国際ブックフェア会場、夜10時まで勤務。でも暇過ぎ!

ちなみにこれはPSPでかきこみ。

搬入に行きました
今日で春節連休が終わりました。そして今日は6年前、赤松先生もゲストとして参加した「台北国際ブックフェアー」の搬入日です(展覧期間は13日から18日)。

しかし...今日の搬入はやっぱり例年通り、大量な本が倉庫から運び込まれ、ブース内の大量な本棚に並ぶことに時間を費やしていました。また今年も無駄な人力や時間を大量的に使いました(去年の漫画博覧会の搬入記事に参照)。去年漫画博覧会が終わったあと、上層部は各部門にイベントに対しての意見を提出するように命令し、私はそろそろこういう無駄な人力や時間を費やすだけの販売方法を替えた方が良いと言う意見を上申しましたが、この状況から見れば、何の替わりもないと分かります。今日搬入に行った同僚も皆「どうせこの本は売れないから、本棚の一番上か下に詰め込め!」と言うことはハッキリ分かってるけど、どうも一番上の方は分からないだよな...周りの友達も「こう言うイベントになると、僕は東立のブースには行きたくないなぁ...どうせそこはいつも処分バーゲンしかやってないし」と言ってますし...いい加減目を覚ましてほしいですね。

さて、愚痴もここまで、今日で撮った写真をアップします。
ブース内部

これがブース内の状況です。中には多くの本と本棚が充満しているのが分かります。果たしてこの中で、ちゃんと売れるのは何割になるだろう?
赤松健先生作品コーナー1

赤松健先生作品コーナー2

今日本を並んでる時、丁度私が担当した本棚はネギま!などの赤松先生作品を並ぶ本棚だったので、その本棚の一番目立つ位置(お客さんがパッと見た時、一番初めに見る位置)にネギま!、ラブひな、AI止ま、陸まおを一緒に並んで、その本棚に「赤松健先生作品コーナー」を作成してみました(笑)。ただ、ラブひなとAI止まが全巻揃えなかったのが残念です。

ブース内ネギま広告1

今年ブースでは、ネギま!の大型広告はないものの、ブースの天井周りでは、2007年東立単行本売り上げトップ10ランキングの紹介をしていました。見事男性コミック部門7位にランクインしたネギま!も紹介されています。(一番左奥が1位で、7番目は7位のネギま!です)
ブース内ネギま広告2

これがその紹介です。20巻の表紙を使っているのが分かります。
台湾角川ブース広告

うちのブースの向かい側にある台湾角川のブースの広告。今回台湾角川は「灼眼のシャナ」の作者である高橋弥七郎先生、いとうのいぢ先生、そして「らき☆すた」の美水かがみ先生を招いて、サイン会を行います。




百人一首の翻訳方法、決定!
2週間ぐらい散々考え、悩みした結果、百人一首の翻訳方法を決めました。最後決定した方法は、口語化の翻訳をとらず、詩っぽい文字を使い、漢詩っぽいやり方をとりました。そして格式は五言絶句っぽいにすることです。しかし、流石に正式な漢詩みたいに、音調まで考慮する余裕が無いので、ハッキリ言って「五言絶句漢詩もとぎ」みたいなものにしてみました。パッと見た感じは変かも知れませんが、少なくとも古文の詩っぽい見たいな感じを保ってみました。

例えば一句目の「秋の田のかりほの庵のとまをあらみわがこもろでは露にぬれつつ」は「秋田結稻穗,吾居秋粗屋。因屋頂粗糙,露水沾我衣。」に翻訳してみました。でも...時々20文字だけで、ちゃんとその意味を伝えてないような気がします。修行しなおしてきます!




流石は百人一首!無類の強敵!
この前の記事で、今回は百人一首(つまり和歌)の翻訳を挑戦することになったと皆さんに伝えました。そして昨日、一日奮戦した結果、この敵は無類の強敵であったと身をもって知りました。自分で翻訳を挑戦してみたところ、文字数、文意ともボロボロになってしまい、詩の形さえ保てなくなってしまった...これは流石にまずいので、すぐ参考資料あるかどうかをググって見たところ、現時点台湾では、2冊百人一首を完全に中国語訳した本があったと分かったので、昨日の夜、早速本屋に行き、参考資料として購入しました。

しかし今日の朝、その参考資料を基づいて百人一首の翻訳を進めたところ、「1句や2句だったらまだ大丈夫だが、この漫画は下手にしたら百人一首全部登場するはず...それを全部参考資料を基づいて翻訳するのはまずいなのでは?」と思ったので、すかさずうちの課長と相談し、さらに課長と共に、単行本製作部署の管理者と相談。最後の結論は「他の出版社の出版品を無断に参考するのはまずい、だから十兵衛さんなりに考えて翻訳し、なるべく詩の様に仕上げ、それから単行本の編集に修正して貰う」。と言うことは...振り出しに戻りました。いや...だから詩の様に仕上げるのは難しいだから悩んでますよ...この1冊だけで、結構作業時間が掛かるかも...最終決定はどうなるかはまだ課長と相談中です、結果はどうなるかは暖かく見守りましょう。

そもそもなぜこの漫画を出すのかは不可解ですよね...一般の書籍なら分かるけど...確かに「ヒカルの碁」のお陰で、囲碁を日本で流行らせ、世界各地も囲碁に興味を持つ子供も出てきたけど、「かるた」はちょっと違うような感じがします。囲碁は日本、台湾、中国、香港ともやってるひとなので、漫画を介して流行らせるのは理解できますが、「かるた」だと、完全に日本伝統のもので、中華文化圏には存在しないもので、精々大学の日本語学部でちょっと勉強する物(しかも選択科目です)。もし広めたいでしたら、まずは「かるた」を詳しく解説する本を出して、「かるた」と言うものを先に広め、基盤を作って、それから漫画を通して、ブームに火をつけるべきだと思います。今現在中華文化圏では「かるた」はまだ遊び道具として見なしているではなく、一種のコレクションと見なされているので、こう言う状態の中で、単に漫画を介して「かるた」を広めるのはちょっと無理と思いますが...

今度の挑戦はこれ!
まだ年明けたばかりですが、早速新しい挑戦が来ました!
今度挑戦するのは日本伝統の文化「百人一首」をテーマとした漫画「かるた」です。テーマは「百人一首」ですから、自ずと古い和歌と日本語がバンバン出てきます。しかも和歌は音数も規則があるので、これを中国語に100%翻訳するのは確かに難しいですね。全く違う2つの言葉を翻訳する時は、元々文字数も変動しますので。どうやって和歌の音数規則を沿って翻訳するのは、ちゃんと考えてみないと難しいですね。戦前や戦中の文章を読むのが得意の私も、これはちょっと難しいですね。でも、どうやって訳すべきを考えるのも楽しみですね。この挑戦、受けて立ちますよ!
かるた 1 (1) (少年チャンピオン・コミックス)かるた 1 (1) (少年チャンピオン・コミックス)
(2007/04/06)
竹下 けんじろう

商品詳細を見る





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。